FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

4月から処遇改善加算が変わり、
更に基準が厳しい算定要件が追加される。

毎年計画書と報告書を作成し、
提出するが、
これがとても手間がかかる。

処遇改善加算により、
職員の給与が上がる事は良い事で大歓迎だが、
せっかく作成した給与体系を加算により給与が変更となる.

処遇改善加算の要件で、
施設の給与体系を整備しろと言いつつ、
このところの毎年の様な改定や変更で、
施設の給与の体系をめちゃくちゃにされてしまい、
毎年、予算編成と給与体系とのつじつま合わせが大変になる。

更に介護施設は介護職員だけが働いているわけではないので、
他職種への配慮も必要である。
施設の負担は、国が考えている以上に大変な調整や事務作業に追われる。


加算で一時的に職員の給与を上げたところで、
将来的に加算を無くされ、
ゆくゆくは基本単価を下げられるような
梯子を外すような事を最も恐れている。

私としては加算はしょせんは加算に過ぎないのだから、
基本単価で、
しっかりと仕事に対する評価として報酬単価を評価してもらいたいと思う。
そうしなければ、
介護の仕事に対する評価や人材難を解決することは永久に無理だろうと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dskagayaki.blog17.fc2.com/tb.php/1290-ca12af00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。