スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーリハ&自立支援合同学会 



6月5/6日の2日間パワーリハビリテーション学術大会と自立支援学会の合同学会が開催されました。
私は例年どおりスタッフとして参加し、
ステージ下で演題のスライド担当。

今回は財務省の厚労省の予算を担当する主計官の講演があり、
今後の介護保険の報酬改定についての考え方を聞くことができました。

主計官と言えば国の予算を握るエリート中のエリート。
近い将来、官僚の中でもTOPがうかがえる位置にいる方です。

講演内容は特ダネ情報はありませんでしたが、
予算を編成している担当者からの直に聞く事は、
背景も含めて伝わって来るものがありますので、
とても貴重でした。

なんとなく次回改定についての方向性は見えてきた気がします。
デイサービスもデイケアも次回の改定はかなりシビアになりそうです。
特にデイケアは・・・・。
デイサービスもプログラムやスケジュールまで着目されているようなので、
かがやきのかがやきメソッドの運営方式は、
これから注目度は高くなるかもしれません。

もうひとつは歯科医の河原先生の入れ歯と咀嚼についての講演は
かなりインパクトのあるお話で、
久しぶりに鳥肌が立つほどの衝撃を受けました。

今回の学会はとても実りのあるものとなりました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dskagayaki.blog17.fc2.com/tb.php/1243-db7ead2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。