FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参議院選挙 

群馬県で、
野党統一候補として、
作業療法士が参議選に立候補している。
地元なのに公示されるまで、
全然知らなかった・・・。

埼玉で理学療法士が立候補するのは知っていたが、
まさか地元の群馬で作業療法士が出馬するとは・・・・。

スポンサーサイト

イギリスのEU離脱の衝撃 

まさか離脱派が勝利するとは・・・。
グローバル化と逆行する動きに驚きです。

イギリスのEU離脱は
政治的な問題だとしても、
世界にどれだけの影響を与え、
日本にものどんなの影響があるのか・・・。

私達の生活や、
仕事にも何らかの影響があるかもしれません。
良い影響であれば大歓迎ですが、
どうもそうは思えません。
はたして・・・。



















久しぶりのダイエット記 

昨年一大決心でダイエットに励み、
マイナス17kgを達成したものの、
約2~3か月の間になんと11kgもリバウンドしてしまいました。

H27年3月のスタート時113.5kg
最も減っていたH27年10月96.kg(-17.5kg)
その後、H28年1月まで+-1~2kgで停滞し、
様子を見ようと思いながら、仕事が忙しくなります。
そして、H27年の5月末107.5kg(最大11kgリバウンド)
とジェットコースターの様な変動です。

驚いたのはリバウンドのすさまじさ。
特に間食をしたわけでもなく、
食生活がそれほど変化したとは思わなかったのですが、
運動習慣と生活リズムの様です。
この2~3か月間は運動は殆どしていませんでした。
生活リズムも乱れ睡眠も十分ではありませんでした。

そこで区切りがついた5月末から6月に入り、
心機一転、
再びダイエット開始、
H28年6月24日の時点で105.4kgと、
なんとかリバウンド分の2kgは減らしました。

とにかくまずは定期的な運動習慣をつけなければいけません。

大宮での講演 

先週の15日の埼玉での講演は、
8日に行った横浜での講演と内容は同じでしたが、
若干アレンジを加えて行いました。

応援後は数多くのご質問を頂き、
好評だったようです。
印象的だったのは、PTの方の施設管理者さんが多い事でした。

またスターパートナー代表の齋藤様と講演後に少しの時間でしたが、
お話しする機会を得ました。

齋藤様は、船井総研のご出身で、
マーケテイングが得意分との事で、
ハキハキと端的に講演をされる方のなので、
私は勝手に少しかたい方なのかと持っておりましたが、
お話してみると、イメージと少し違い、フレンドリーな雰囲気の方でした。
これからの介護施設の運営、
そして特に地方の施設に行く末に強い危機感を持たれていて、
その点でこれからの介護施設をなんとかしなければという想いが、
私との共通点であり、共感できました。

これからは介護施設も生き残りをかけて運営してゆかなければいけません。
2018年の改定後には運営が困難となる施設が続出するかもしれません。
これまでのやり方では限界を迎えます。

そうして意味でも、
かがやきが提唱するプラットフォーム型の介護施設の運営の重要性は増すはずです。

ストレス解消!! 

今日は日曜日!
久しぶりの休日!!

自動車修理のOさんのお誘いで、
今年も北関東レーシングクラブ主催のサーキット走行会に2回目の参加です。
今年の会場は日光サーキット。



昨年は筑波サーキット1000コースにビギナークラスでエントリーでした!
今年もビギナーエントリーでのんびり楽しもうと思っていたら。
サーキット場に到着してみると、
なんとエキスパートクラス!!!

ビギナーからミドルクラスと通り越してエキスパートとは・・・・。
しかも日光サーキットは初めてのコース・・・。
エキスパートクラスの他の参加者に迷惑かけちゃうでしょ~。

そこでOさんに、
エキスパートクラスはちょっとキビシーんじゃないと話すと、

Oさん曰く、
「ビギナークラスだと遅いし、
ミドルクラスとエキスパートクラスは、
タイムもそんなに変わらないし、
施設長の車なら大丈夫だよと・・。」

おいおい(汗
「大丈夫」、と言っても私の車は通勤仕様でもあるスイフトですよ。。。
他のエキスパートのみなさんサーキット専用タイヤで、
ナンバー付いてない車が多いじゃないですか!!
運転席以外のシートも内装も取っ払って、
軽量化でやる気十分仕様。

それでも他の人の迷惑にならないように何とか走ろうと
覚悟を決め、結局エキスパートクラスで参加です。


今日は15分×4本の走行。
目標タイムははとりあえずコースを覚えるためにも50秒以内。
niltukous2.jpg
50秒台じゃ迷惑になるかも思いつつもビットからコースへ出ると
みなさん、やはり速い!!

1本目
ギアチェンジが相変わらず調子が悪く、
4速が入りずらく、減速時の2速も怪しい感じ。
コース外で見ていたOさんもギアの音が外からでもよく聞こえたと、
それでもタイムは47秒台。
あれっ?
結構いけるかも・・・。

2本目は、
ギアの調子を見つつ優しい感じで運転、
すると46秒台へ突入。
しかし、これ以上は結構きついかも・・・。

そして3本目
2本目のタイムを更に詰めるのはキツイかもと思いつつ、
気持ち的に70%位でアタック。
ギアの調子も良い感じ、スピードが乗っている印象!
今日一番の手応えのままチェッカーフラッグ。
niltukous3.jpg
タイムは・・・。

なんと45秒851!
ええええええっ・・・・!!!!。
確か2015年の全国タイムアタックイベントのDIREZZA CHALLENGEの予選会に出場していた改造スイフトが45秒台だったような・・・。
初めて走ったコースでこのタイムは驚きです。
まぁ、それでも他のエキスパートの方のベストからは3~5秒遅いですが、
エキスパートクラスは車の出来も違います。

しかし、4本目の前から雨がポツポツ。
雨の中調子に乗って44秒台を目指すとこれは危険と感じ、
気持ちをクールダウン。。
この45秒台タイムで満足しようと4本目はキャンセル。

タイム的には十分満足で、
キラーストレスも解消!!!
また仕事を頑張ります。




セミナー講師INさいたま市 

先週水曜日に横浜市館内で、
2018年改定を見据えたセミナーで講師として降壇しました。
講演後のアンケート結果からは、
好評な反応を頂きました。

今週水曜日は、
さいたま市TKPビジネスセンターホールにて、
「2018年改訂に向けて通所施設、リハビリ施設が取り組むべきこと」として
事例紹介で講演を行います。
内容は前週の内容と同じで、
施設運営をプラットフォーム化して、
効率的にかつオリジナル性を保つ運営をしてゆくには
どうしたらよりかをお伝えしてゆきます。

2018年の改定は、
かなりのインパクトが予想されます。
コレさえ対応すれば大丈夫という選択はありません。

またデイサービスの数も、
既に増えすぎて過剰な状態です。

制度への対応と
利用者獲得
今からやるべきことは満載です。
そんな状況下で少しでもお役に立てればと思います。

成功報酬よりもかんがえなければいけない事。 

昨日のNHKのニュースで、
神奈川県で介護度の改善を達成した事業者には100万円支給という内容が紹介されていました。
他の自治体でもこうした取り組みがチラホラと増えているよようです。

もちろん素晴らしい取組みだと思いますが、
しかし私は内心、心配です。
単純に成功報酬のみを追求してしまうと、
改善の見込みのない人は、病院や施設を追い出され、
改善の見込みのある人は、病院や施設で治療やケアが続けられる。
そんな事態を招くかもしれないからです、
そして、実は医療のリハビリの現場では、
そんな時代がすぐそこに見えているからです。
というより、既にはじまっているのかもしれません。

成功報酬型は、担当する人の技術によっては、
改善する、しないの差は大きく変わります。
そんな、「人の能力」に依存するシステムが機能するはずがありません。

そもそも、真面目にケアをして、利用者様の介護度が下がり、報酬が下がるという
矛盾したシステムが誤っているのであり、
それを捕捉するために成功報酬という対処療法を繰り出さなければいけないこと事態が、
誤っているのです。

こうした問題を解決するには、
介護判定の在り方や仕組みの見直しが必要だと思います。
制度の根本にかかわる部分ですが、
ココを何とかしないとどうにもなりません。

成功報酬という何とも情けない対処療法を講じなければいけない制度設計、
そろそろ見直す時期ではないでしょうか?

パワーリハ&自立支援合同学会 



6月5/6日の2日間パワーリハビリテーション学術大会と自立支援学会の合同学会が開催されました。
私は例年どおりスタッフとして参加し、
ステージ下で演題のスライド担当。

今回は財務省の厚労省の予算を担当する主計官の講演があり、
今後の介護保険の報酬改定についての考え方を聞くことができました。

主計官と言えば国の予算を握るエリート中のエリート。
近い将来、官僚の中でもTOPがうかがえる位置にいる方です。

講演内容は特ダネ情報はありませんでしたが、
予算を編成している担当者からの直に聞く事は、
背景も含めて伝わって来るものがありますので、
とても貴重でした。

なんとなく次回改定についての方向性は見えてきた気がします。
デイサービスもデイケアも次回の改定はかなりシビアになりそうです。
特にデイケアは・・・・。
デイサービスもプログラムやスケジュールまで着目されているようなので、
かがやきのかがやきメソッドの運営方式は、
これから注目度は高くなるかもしれません。

もうひとつは歯科医の河原先生の入れ歯と咀嚼についての講演は
かなりインパクトのあるお話で、
久しぶりに鳥肌が立つほどの衝撃を受けました。

今回の学会はとても実りのあるものとなりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。