FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡良瀬遊水地ミニツーリング2 

広いサイクリングコースをのんびり走ります。
4_20150525090827468.jpg

30~40分ほどで谷中湖を1周し、
スタート地点へ、
休憩所で一休みしていると、
地元のボランティアのかたでしょうか、
「あそこの木に野生のフクロウ(ミミズク)がいるので見てみませんか?」
と声をかけてくれました。

休憩所のすぐ近くの木の枝に、
じっとしているフクロウが・・・。
肉眼でもはっきり見えます。
7.png
ボランティアさんのお話だと、
親子で、近くに2匹の子供がいるそうです。
友人がフクロウを飼っているので、
ペットのフクロウは見たことがありましたが、
野生のフクロウはこんな近くで初めてです。


休憩を終え、
今度は逆回りでもう1週。
途中コースをはずれ、
土手沿いにあるきたかわべの道の駅により道です。
5_201505250908289ed.jpg
今日もばっちり決まっているサイクリストさん達にたくさん出会いました。

道の駅で、
留守番している次男と長女へ
お土産に「遊水地カレーパン」と「行田フライチップス」を購入。

ちなみにB級グルメ「行田フライ」。
別名略して「フライ」
気になる方はこちの行田市の公式HPへ。
行田フライとは
「フライ」と略すと、近隣では。じゃがいもフライして大量のソースをかけて食べる「いもフライ」を指すこともあり、
注意が必要です。

他にもこんなB級グルメ「ゼリーフライ」もあります!
こちらも行田市公式HPへ
ゼリーフライとは

北関東は知られていないB級グルメの宝庫!!
太田市のやきそばだけではありません!!
ほとんどが粉モノですが・・・。
そのネーメングと実物がかけ離れているモノも少なくありません。
「ころりんシューマイ」など・・・。

話はそれましたが、
休憩後、再びサイクリングコースに戻り、
合計15~6キロの行程。
お昼前には撤収です。

スポンサーサイト

渡良瀬遊水地ミニツーリング。 

先週土曜日は、
息子と再びミニツーリングへ。

今回は、渡良瀬遊水地です。

渡良瀬遊水地とは、
明治時代に、度重なる洪水や、
足尾銅山から渡良瀬川に流れ出した鉱毒による被害により、
この地に遊水地を作る事となり誕生しました。
この鉱毒の被害は、
後に「足尾鉱毒事件」として歴史の教科書にも登場します。

現在は、整備され自然豊かな公園となり、ラムサール条約にも登録されています。

遊水地は広大で、
堤防を乗り越え有数位置内に入ると、まるで北海道の様な平原と水辺が現れます。
FullSizeRender_2015052509083086c.jpg

遊水地内には、ハード型をした谷中遊を中心に、遊水地内に沈んだ谷中遺跡跡や公園、
レンタサイクルなど広大な自然公園となっています。
FullSizeRender2_20150525090832ea9.jpg


ここでは、トライアスロン大会も開催されるなど、
サイクリングロードも3コース整備され、
自転車でもランニングでもとても走りやすい環境が整えられています。
今日は、まず谷中湖を1周する約8kmコースを走ります。
FullSizeRender3_20150525090833aa1.jpg

ご冥福をお祈り申し上げます。 

5月19日、
パワーリハビリテーション研究会関東支部支部長片岡芳樹支部長が、
ご逝去いたしました。
片岡支部長は、(福)フラワープラムの現役の理事長でもああられました。

私は大変お世話になりました。
今年1月に
今後の支部運営についてのお話や、
韓国の学会で色々と学術発表しようなどとお話したのが最後となりました。
とてもアグレッシブで、ポジティブな方で、
私達の関東支部の活動もしっかりと支えてくれた方でもあります。

最後のお別れに、
これからお通夜に参列しにいってきます。






自転車ツーリング3 

羽生の道の駅を出発して再び赤岩の渡船場を目指します。

まずは,、行田のサイクリングセンターで一休み、
FullSizeRender_201505190946275b8.jpg
今日はこのサイクリングコースで、
自転車の大会が行われているらしく、
ちょっとしたイベントブースが出ていました。
そういえば、私の弟も日曜日は榛名山のヒルクライムレースに参加しています。

サイクルセンターで一休みした後はすぐ近くの利根大堰へ、
4_20150518181339ab6.jpg
利根大堰は、東京や埼玉への生活用水を送る重要な役目を担っています。
利根大関は、橋にもなっていて、武蔵大橋と言います。
この堰の真下で
水中を観察できる見学スペースがあります。
利根大関は毎年秋には鮭が遡上してきます。
その様子を、この魚道に設けられた見学スペースから見学できるのです。
今のシーズンは鮭では無く、アユ。
しかし残念ながら、この日はアユの遡上は観られませんでした。

再び自転車にまたがり、ゴールを目指します。
この辺りは利根川の広い川面も利用して水上スキーや、ジェットスキーなど、
海なし県なのに川でのマリンスポーツ??リバースポーツも盛んです。
さらに広い河川敷を利用したグライダーの滑走路もあります。
5.jpg
ゴールまであと1km弱ですが、
ここでグライダーの離陸の様子を見ながら一休み。

最後の一走りを終え、渡船場に到着。
6.jpg
船はいつも群馬県側の船着き場で待機しているので、
船が対岸にいるときは、この黄色い旗は上げて船を呼びます。
7.jpg
迎えの船がやってきて、半日のミニツーリングも無事終了。

朝8:30分に出発し、12:00前に帰ってきました。
総経距離は19kmと少しでした。
息子はまだまだ元気ですが、
私は日に焼けたらしく、
腕が日焼けでジリジリしています。

息子とキャッチボールもいいですが、
サイクリング楽しいものです。

自転車ツーリング2 

渡し船で対岸に渡り、
羽生に向けて約10Km弱を走ります。

利根川の堤防の上をひたすら走ります。
堤防の上なので、
建物の2~3階建ての窓から外を眺めているような目線の高さで、
遠くまで景色が良く見えます。
また風も心地よい。

約1時間弱自転車をこぎ続け、
羽生の道の駅に到着です。
2_20150518181336a79.jpg

羽生の道の駅で一休み。

息子はアイスを、
私は、黒烏龍茶と家で留守番している次男と娘にお土産のキャラメルポップコーンを買いました。
3_20150518181338839.jpg

道の駅は午前中からお客さんも多く、
大盛況。
バイクのライダーやサイクリストなども沢山訪れていました。

自転車の種類は,ロードバイクが大半です。
そして、年齢も私と同じくらいの年代か、
それ以上の年代のオヤジ達が大半。
みな、サッカーのユニホームの様な自転車のウエェアを着用し、
ヘルメットとサングラスもばっちり決まっています。
うーん、自転車ブームを今更実感です。

自転車のメーカーを見てみると、
7割くらいが「GIANT」。
流石、自転車業界の巨人です!
その他にも、 「FELT」、「Trek」 も見かけましたが、
私の愛車の「Bianchi」はこの日は出会いませんでした。

自転車ブームを実感を実感しているうちに
息子もアイスを食べ終え、
再び来た道を折り返します。



自転車ツーリング1 

日曜日に息子と自転車でミニツーリングに出かけました。

息子も最近自転車に乗れるようになり、
自転車に乗るのが楽しいようです。

思い出せば私も子供の頃、
自転車が乗れるようになり、
凄くうれしかった記憶があります。

この日のコースは、
千代田町の赤岩の渡しで、利根川の対岸に渡り、
利根川沿いのサークルロードを一路羽生方面へ、
羽生の道の駅で休憩して、
折り返す約20km弱のコースです。

まずは車で赤岩の渡し船に向かい
そこで自転車を降ろして出発です。
渡船場の受付で、船頭さんに声をかけ、
船を出してもらいます。
朝8時半開業なので、
私たちが今日は一番乗りです!!!

赤岩の渡船の料金は、県道扱いなので無料です。

船に乗ると、旅の気分を満喫できますね~。


ただ今減量中!ライザップに負けないぞ4 

前回②のつもりが③の内容まで書いてしまったので今回は

④運動(体重が多い場合はある程度減量後に開始)

4月から徐々に運動をはじめ、
今は、週2回パワーリハ+筋トレ。
週1回プール。
時間がある時、自転車、ウオーキングを行っています。

ただ筋トレを入れた途端に体重が増加。
一時マイナス15kgまで行ったのですが、
1~2kg増量してしまいました。

今はを体重を維持できるように筋トレのトレーニング量を調整中でが、
ついついやりすぎてしまいます。

プールでの運動では、
100kgの体重想定で、
平泳ぎ30分で約520Kcalの消費。
水中ウオーキングで約280Kcalの消費
合わせて1時間で800Kcalの消費です。

ついつい熱く泳いでしまうので、
1時間の中で30分ウオーキング、
30分はストリームラインを意識したブレスト(平泳ぎ)にしています。
25mの距離を8かきくらいしてしまいます。

やはり真っ直ぐな姿勢を保てなくなっています。
泳いでいる時の水中での体の姿勢がかなり悪いのが自分でもよくわかります。
真っ直ぐな姿勢、ストリームラインを保てなくなっています。
陸上の生活同様に、水中でも姿勢はとても大切です。


大学生の頃は平泳ぎ25mを5~6かき位でしたが
現在は25mの距離を8~9かきくらいしてしまいます。
まぁ、四肢の筋力の違いもあるでしょうが、
はやり真っ直ぐな姿勢を保てないと効率は落ちてしまいます。
やはりパワーリハで水中でもしっかりとした姿勢のコントロールができるようにトレーニング必要そうです。

バタフライに至っては、
水中から腕が回せず体が持ち上がりませんでした。
せめて肩が水中から出る程度にはならないと・・・。

プールでのウオーキングもただ歩くのではなく、
ストレッチを入れたり、
水の抵抗を利用して数種類の筋トレを入れながら歩いています。
これも結構効いているようです。

1~2か月、筋トレで筋肉がついて来れば、
脂肪の燃焼効率もUPするでしょうから、
ココは体重減らなくても少し我慢です。

ただ今減量中!ライザップに負けないぞNo3 

今行っているダイエットの
基本的な方法

②食べ物のカロリーやGI値等等をある程度把握する

この②についてはすべての食材の全部のカロリーなどを把握するのは大変なので、
御飯お茶碗1杯分やパン一枚など大まかに覚えておきます。
お店で売っている食べ物やレストランのメニューに最近はカロリー表示されているモノも多いので、
目を通してカロリー値を把握しておきます。

GI値についてはコチラを参考に 大塚製薬さんのGI値説明のページ

体重を1kg減らすのに約7,000Kcal位の消費が必要なので、
これを基準にカロリー計画を考えます。

現在、私の場合は1週間で7,000Kcal減となるように考えています。
1週間で1kgづつの減量です。
これは結構キツイ

現在の私の一日の基礎代謝のカロリー消費量が2,000Kcal程度で
これに運動を加えると1,000カロリー位消費されます。
なので不足分の1,000~2,000Kca位が消費されていきます

私の現在の食生活は、
平日は
朝、プロテイン180Kcal。
昼、寒天ラーメン60Kal×2。
夕方、御飯少な目の食事で大体600~800Kcal
なので摂取量としては、
1日1,000Kcal~1,200Kcalぐらいでしょうか。

でも、週末は普通に食べます。
と言っても2,000~3,000Kcalをなるべく超えないように気にしていますが、
外食したりするとあっという間に超えてしまいます。
すると次の次の週の月・火当たりは体重の一旦戻ります。
のでまた地道にカロリー制限をします。

本来は、
朝しっかり食べた方がより効率的なのでしょうが、
私の場合は夜食べた方が、満足感があってなんとか続けようという気持ちも保てます。
週末も頑張れば更に体重は減るのでしょうが、
家族との食事の時間は必要です。
ダイエット中はストレスがたまるので、
とにかく「続けられる」様にするという事が大切です。

週末食べ過ぎると、
月曜に体重計に乗るのが怖くなりますが、
逃げてはいけません。
ここは勇気をもって体重計に乗り、
体重を確認することが大切です。
ここで乗らないと、体重はどんどんリバウンドしてゆきます。

私も先週末はハンバーガーを3つも食べ、
更に、一気にポテトチップを2袋もバカ食いしてしまいました。

若いころはへっちゃらでしたが、
今では2袋でも一気に食べるとかなり気持わるくなります。

でも月曜の朝には、勇気を持って体重計に乗りました。
結果、数百グラムの増量でホッとしました。
また月曜からコツコツと減量です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。