FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり・・・。 

こんな記事が・・・。
デイ増え過ぎ、県に指定申請で協議を要求- 厚労省「全国でも珍しい」、三重県桑名市

やはり・・・。
厚労省は「珍しい」とコメントしていますが、
来年度の改定を目前になんとなく白々しい感じるのは私だけでしょうか・・・。

スポンサーサイト

コロンビア戦 

やはりレベルの高いW杯。

ギリシア戦も前線にスペースがありませんでした。
スペースがないので、ドリブルや個人技が生かせない状況なので
空中戦と言う戦術選択はわかりますが、
小柄なアタック陣に代わり、「高さ」のパワープレイよりも
あんな場面だからこそ柿谷選手の個人技を見てみたかった思いもありますが・・・。

強くなったとは言え、
これが本来の日本の本来の力なのでしょう。
コンディションを管理する力
ポテンシャルをしっかりと発揮する力、
決めるところで決める力。
ゲームを支配できる試合運び、
まだまだ世界との差をみせつけられているようです。

マスコミは、日韓W杯のトルコの例を盛んに引き出していますが、
流石にあれはどうかと思います。
あまりにも状況が違いすぎるような・・・。

それでも次のコロンビア戦、
身が覚めるような試合を期待したいですね~。

やはり打ち合いの試合で、
あの守備に定評のあるぺケルマン監督率いるコロンビアに打ち勝ってほしい。

その時歴史が動いた(サッカー編???) 

ギリシア戦
かなり盛り上がりそうですね。

これまでの攻撃的サッカーが機能しなかったコートジボアール戦。
W杯でこれまでの日本になかった超攻撃的スタイルサッカーを
実践するにはやはり一筋縄ではいかない様です。

コートジボアール戦は、
いくらスタイルを変え、成果が出つつあると言っても、
そんなに簡単にW杯の舞台で、
あの攻撃すスタイルを実践するなんて無理でしょうと思ってたいので、
なんとなく予想もできた結果じゃないでしょうか・・・。

堅守のギリシアに対して後がなくなった日本が超攻撃スタイルで挑めるか、
今後の日本のサッカーの歴史を決める試合になるような気がします。

ギリシアも後がないので点を取りに来るでしょうから、
堅守のギリシアとしても、カウンターとコンパクトな陣形による攻撃に出るでしょう。

しかし、日本は受け手に回らず、
日本のボランチの高い位置でのスペースを消す作業と
FWのプレスでお互いコンパクトな陣形でスペースの潰し合いをする中で、
釣り上げた相手DFラインの裏に向けて
日本の両SBが揺さぶりをかけ、、
キック精度が低いの香川選手には前線にスペースを作りだし動きをしてもらい、、
岡崎選手や大久保選手などのワンタッチフィニッシュを目指す形になれば、
いけるかもしれません。
また、スピード遅いけれども、得点力が高い本田選手のポストプレーも囮としても機能するかもしれません。

いずれにしても、コンパクトな陣形同士のぶつかり合いでは、
高い攻撃力を持つ両SBをもつ日本の方が、
高さを活かしたギリシャよりは有利な事には変わりありません。

ちょっと気になるのは
4年前ほどノッていない感のGKの川島選手。
体のキレは良さそうですが、
どうもDFラインとの距離感が気になります。
クロスボールへの意識が強すぎるのではないでしょうか。
ポジショニングが少しゴールライン近いような気がします。

ギリシャに超攻撃的サッカーで気持ち良く勝って、
次のコロンビアとの激しい打ち合いのゲームを期待したいです。

いよいよサッカーW杯 

ついに始まる楽しみなW杯。

今までに無い攻撃的なスタイルの日本。
この超攻撃的サッカーがどこまで通じるのか?

日本の得点王大久保選手にも期待です。
ボランチの山口蛍選手にも注目です。

下馬評の高いコロンビアですが、
打ち合いの試合になりそうなコロンビア戦よりも、
私はギリシア戦が気になります。
日本の攻撃がギリシャの堅く安定した守りを崩せるのか?
日本のスピードとパス回しが上回るのか?
とても楽しみな一戦です。

ギリシャ戦は、
日本がグループリーグを突破した際の決勝Tでの戦い方の重要なシュミレーションなると私は思います。

4-2-3-1と言われている日本の布陣ですが、
私はむしろ
1トップといより2シャドーの変形3トップの布陣で4バック、
SBが攻撃参加する際には
これはザック監督の得意とする3-4-3の
変形布陣にさえ見えます。

来週は熱い一週間となりそうです。




浴室の滑り止め大作戦 

浴室のタイルが滑って危ないという職員からの意見が上がり、
早速対応策を考えました。

いつもお願いしている清掃業者では対応できないとの事で、
ネットで調べてみるも、滑りとめ加工を扱ってる業者はあるものの費用がわからず、
効果も???。

そこで業務用の浴室用のヌメリ取りと、滑り止め剤を通販で購入。
今日届いたので早速試してみると、

薬剤をまいて10分放置、
そしてひたすらブラッシング!!
最後にケルーヒャの高圧洗浄機で洗い流すと
「すごーーーーーーい」
効果抜群です!!

一緒に作業をしいた職員も違いに驚き大興奮!!

ヌメリ取りだけでも違いが判るくらい効果がありましたが、
そのあとに散布した滑り止め剤は更にハッキリと効果がわかりました。

塗れているタイルでも
足裏にものすごい抵抗感です。
全く滑りません!!

散布後のブラッシングは大変ですが、
意外と簡単な作業でした。

薬剤は結構な値段がしましたが、
それでも利用者様がお風呂でスベッって転倒なんて事が起きたら一大事です。
そんな事故を未然に防いでくれるのであれば安いものです。

今回は10㎡くらいのスペースでしたが、
ヌメリ取り剤が3,900/500mlで、滑り止めが7,500/500ml位だったかな?
それぞれ4本づつかったので4万円強しました。

ちなみにメーカーさんはコチラ、
「トムドゥ」
直リンしてあります。

冷夏じゃないの? 

館林がテレビを賑わす季節となりました。
暑い街、館林がすっかり定着!!

しかし、今年は冷夏ではなかったのでしょうか?
つい3か月前までは、
大雪で雪かきしていたのに・・・。

今月はいよいよ、
かがやきのれん会のメインコンテンツである定期研修がスタートします。
いまから楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。