スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おーら」システムマイナーチェンジ 

11月の職員会議で、
12月からの施設内通貨「おーら」システムのマイナーチェンジの予定をお話ししました。
今回のマイナーチェンジでは「かがやきエステ」の導入は間に合いませんでしたが、
新メニュー導入と若干のシステム変更を行います。


更に来年度に向けて、
稼働率と「おーら」システムの相関や関係性を見てゆきたいと思います。

スポンサーサイト

スバル新型車「レボォーグ」発表 

スバルが20日に新型車「レボォーグ」を発表!

うーん???
レガシーがエボリューション(進化)したという意味らしいが、
北米受けを狙って大きくなりすぎたレガシーを、
日本向けに小さくダウンサイズし直してみましたような印象・・。

それならレガシーは名前を残して、
アメリカ向けに「レボォーグ」でもよかったんじゃないだろうか・・・。
もしくは、「レオーネ」復活なんて。

スバリストの私も・・・・。
あのボンネットの上にている大きなエアインテーク、
あのいかついデザインは、そろそろ受け入れられないのではと・・・。

しかも既に人気の衰えつつあるステーションワゴン・・・。
いくらスバル絶好調とは言え、
どうせならホンダの新しいオデッセイ位の車高のミニバンにして欲しかった。


アイサイトが新しくなるので、
初めは売れるかもしれないけど・・・。
今更ステーションワゴンの人気が復活するのだろうか?


新型オデッセイ位の車高のミニバンでアイサイトがついて、
他社と同じミニバンの価格帯だったらバカ売れしそうな気がするけど・・・。

しかしそんなミニバンが発売されれば
間違いなく今乗っているボクシーから乗り換えるが・・・。
やっぱりそんな人が続出するだろうから
トヨタの思惑が絡んだのだろうか・・・。

「んん!待てよ」
そんな大コケしたスバルのOMEミニバンが数年前にあったっけ・・・。
でもあれは3列目シートが・・・。

今は、エクシーガもスバルのミニバンとしてラインアップされているが、
あんな車内が狭く、足元、頭に圧迫感があるミニバンじゃ
アイサイトがついていても私は全く魅力を感じません。

かつての「ドミンゴ」のようなミニバンだしてくれないかな~。
あれが今のミニバンブームの火付け役の様な気がするだけに残念。



かつての愛車,インプレッサWRXstiも、
もう手が届かない価格帯に行ってしまい
たぶんこれからの人生で新車で乗る事はできないでしょう。

BRZもリーズナブルな価格設定とも言えず、

VIVIOやR1の様なスバルの個性がの凝縮していた軽自動車は今やダイハツ製。

私は今も心はスバリストですが、
若いころに感じていた尖がった魅力も高価格化で現実味が無くなり、
お父さんとなった今は、家族の使い勝手で選択しからはずれ
私にとってもどうも中途半端な存在になりつつあるスバル・・・。

アイサイト搭載車は欲しい・・。
ものすごい魅力はあるのですが・・・。
現状では仕事で安全性か、
歳をとった両親の足としてか考えられないのが痛いところです。

地元企業なだけに
レボォーグをきっかけに、
再びスバルが失速しなければよいのですが・・・。

見学者 

先日、これからデイサービスを開設しようとお考え法人さんが見学に見えました。

大学院で一つ上の学年に在籍されていたSさんのお知り合いの方らしく、
Sさんと共に4名でお見えになりました。
Sさんとも久しぶりの再会でした。

地域から信頼を集めておられる法人様の様で、
施設を造るからには地域の方たち貢献できるような施設を造りたいとお話しされておりました。

先方様は短時間型の機能訓練デイを検討されていたようでしたが、
私は今後の展望と、私の経験上から1日と半日のハイブリット型を強くお勧めしました。

Sさんのお知り合いという事もあり、
収支やこの業界の経営特徴など、
色々とお伝えしました。

先方様にとっては、
事業意欲をなくすような内容だったかもしれませんが、
地域に貢献したいと真剣にお考えであれば、
こうした内容もお伝えしなければいけません。

先方様も色々と情報を集められているようでしたが、
想定されていた客単価はかなり高い設定でお考えのようでした。

しっかりされたお考えある方達とお見受けしましたので
色々とお土産になる情報もお伝えいたしました。
こうしたご縁で素晴らしい施設が増えるとよいですね。

のぼうの城 

映画「のぼうの城」
を観ました。
もとは和田竜のベストセラーが原作です。

公開時からみたいな~と思っていましたが、
なかなか観る機会がなく随分経ってしまいました。

埼玉県行田市にある忍城の水攻めが中心の物語は、
東北大震災もあり、
その内容から公開延期になった作品でもあります。

歴史資料では、かなりマイナーな武将で、
勇猛果敢なツワモノと言うわけでも、
謀略に長けた智将というわけでもない、
「でくのぼう」が転じて「のぼう」とあだ名される忍城城主成田長親

その成田長親が、
秀吉の小田原攻めの一環として押し寄せてきた石田三成率いる2万の大軍をたった5百の兵で小田原城落城まで守りきるというお話です。

歴史マニアにはたまらない要素満載なストーリです。

私的には、
最後のスタッフロードで出てくる現在の忍城周辺の様子は、
「ああ、あそこ、あそこ」と言いながら、
なんとなく近所がTVで取り上げられてるぞ的な感覚がGOODでした。


ギリシャのスパルタとペルシアの戦いを描いた「スリーハンドレット300」とは
おんなじような状況(でもないかな?)でも真逆ですね。






「かがやきのれん会」モデルへリニュアール中 

現在デイの掲示物を色々とリニュアールしています。
「かがやきのれん会」モデルのペーパーアイテムが続速と完成しています。

パワーリハビリの整備体操のポスターも手書きからB1サイズのポスターとなり、
見栄えが格段に良くなりました。
キャプチャ

かがやきメソッドの掲示板や「おーら」システムの掲示板も刷新されました。

今のところこうしたペーパーアイテム等も私が制作していますが、
そろそろデザイナーさんが必要かもしれません。
こうしたペーパーアイテムにもやっぱりデザインセンスが・・・。

それとも本気でデザインの勉強をしようかな・・・。

ラーメン特集 

先日テレビをを見ていると、
世代別にラーメンを取り上げた番組がやっていました。

背油ちゃっちゃ系のラーメン代表で「ホープ軒」が出ているの見て、
ホープ軒が一番古い世代にノミネートされていました・・・。
荻窪ラーメンも一番古い世代に・・・。
二つとも高校生くらいの時に流行っていたのに・・・。

一番新しい世代の「ドロ系」ラーメンのお店は近所のお店にしか行った事はありませんが、
一番古い世代、真ん中世代で紹介されていた名店は、
ほとんど行っていたお店なので懐かし映像でした。

ホープ軒はいくつか系統がありますが、
八王子の母校の近くにあったニューホープ軒、
これは本家のホープ軒と関わりあるのかわかりませんが、
母校の近くという事もありよく行きました。
まだ営業しているのでしょうか?・・・・。

色々とラーメンは食べ歩きましたが、
映像では出ていませんでしたが、
私的には「油そば」が衝撃的なラーメンでした。

それにしても、
伊丹監督の映画「たんぽぽ」のモデルが荻窪ラーメンの「さくしん」とは驚きでした。

かがやきメソッド 

「かがやきメソッド」
直訳すると「かがやき手法」となります。
かがやきが実践するオリジナルな介護施設運営手法です。

「人」、「方法」、「情報技術」の3つの要素が施設運営に欠かせない基本要素であるとし、
それらをまとめたものをシステムと表現します。

システムの名前は「かがやきのれん会介護施設運営システム」
各要素に当たるものは

「人」:かがやき職員研修
「方法」:かがやきメソッド
「情報技術」:KDS

となります。

この中で「方法」に当たる部分が「かがやきメソッド」です。
このかがやきメソッドは「自(律)支援」を目的としてます。

「自立」では無く、
「自律」というのがポイントですが、
表現としては自律支援という言葉が公に存在しないので、
自立支援という表現を用います。

いつか介護保険の法律の中に自律支援という言葉が出てきたら、
堂々と「自律支援」と表記したいと思います。


「かがやきメソッド」はマニュアル化され、
かがやきブランドの施設の最低限守るべきサービス基準として位置づけられます。
今後は直営施設はこのマニュアル基準として、
介護サービスの質の向上を図ってゆきます。
またサービス品質かかわるチェック項目は200以上に渡ります。

これからはブランドを守るためにしっかりと管理してゆきます。

リハ業界には好機 

次回の介護保険改定は、
間違いなく大きな改定となり、
利用者も事業者も振り回されるでしょう。

しかし見方を変えると、
不謹慎かもしれませんが
リハ業界にとってはその存在感を増す絶好の好機でもあります。

なんせ、数年前の改定から出てきた介護リハビリと言う言葉が、
今回の改定では「介護のリハビリは機能していない」から、
「介護もまずリハビリありき」で考えましょうとされているのですから・・・。

ただ頼りにならない我が〇〇協会・・・。
もともと協会の指導力については何にも期待はしていませんが、
「ゴーゴー」(地域へもっと進出しよう)とスローガンを掲げているので、
さすがにもっと存在感を出してもらいたいものです。
存在感を出せないのならこんなスローガンは恥ずかしいのですぐにでも撤回してほしいです。

更に存在感がないものだから、
役人さんにいいようにリハビリと言う言葉を使われています。
もっと恥じるべでしょう。



博士ラーメン 

市川のポラリスさん見学の帰りのお昼に、
センター長Sさんおすすめの「博士ラーメン」へ、
HPページをご覧いただければ、
わかりますがタイ料理とラーメンと言う組み合わせが斬新です!

私はカレーは大好きなのですが、
大好きなのは日本のカレーで海外のカレーは苦手なのです。

そこでつけ麺を注文し、
一緒に同行したMザワさんとカレーをシェアすることに、

まずは「チャーシューつけ麺」から、
写真3

麺にもこだわりがあるようです。
太めの麺でコシがり、噛みごたえがあります。

スープは醤油のカツオ出しです。
一般的につけ麺のスープは少し濃いのですが、
ここのスープはさらっとして、
他のお店のつけ麺に比べるとやや薄めの印象です。
しかしスープは麺を絡めても味が薄くなるという印象はありません。

さらにレモンが添えてあり、
このレモンの果汁を加えて食べる全く別の味に変わります。

私はレモン無し、レモン有、両方試しましたが、
断然レモン有が押しです。

レモンの風味がラーメンの味をとてもさわやかしてくれます。
レモンひとつでここまで変わるとは、
恐るべし・・・。

チャーチューは厚切りのロース?でしょうか、
かなりの厚切りチャーチューでボリューム感があります!
私は角煮風のトロトロチャーシュー派なので、
私には触感が少しパサパサした印象はありますが、
味がしっかりしているため、
このパサパサ感は全く気になりません。
とにかく肉に味が染みているので、
噛むと濃縮された味が染み出してきます。
肉はやわらかいので噛めば噛むほど味が出るとタイプではありませんが、
花火の様な味の潔さという印象です。



そしていざカレーへ、
実はMザワさんも海外のカレーは苦手との事。
そして私と同じでパクチーが苦手。

レット&グリーンをタイ米で注文。

写真

グリーンカレーは、一口食べると、
香草?の風味でしょうか
一瞬何かの風味を感じます。
Mザワさん曰く、この風味はパクチーらしいのですが、
私のパクチーセンサーは反応しませんでした。
Mザワさんもこれならいけると。

そして次のココナッツ風味が全開で口の中に広がり、
最後控えめな辛さがやってきます。

レッドカレーは、
一口目の風味やココナッツの主張はありませんが、
刺激的で
辛みはグリーンカレーよりもあります。

ライスは日本米、タイ米選べますが、
今回はタイ米をチョイス。
食べた印象としても、
日本米よりも粘り気が少ないのでタイ米の方が相性が良い気がします。

地元の名店の証か、
行列はしませんでしたが、
私たちが帰るまでにお客さんは絶えず入れ替わりやってききます。


総括として、
ラーメンもカレーも、ハマると癖になる味という印象です。








ポラリスデイサービスセンター本北方様見学 

今回は、お隣の「野の花」センター長Mザワさんとともに、
千葉県市川市の「ポラリスデイサービスセンター本北方」様を見学させていただきました。

写真2


ポラリスさんは、関西地区で絶大な支持を集めているデイサービスです。
また東北の震災地にもいち早く、実効的な復興支援を目的に、
4つの施設を作り地域の高齢者の健康や地元の雇用に大きな貢献をされている会社です。

そんなポラリスさんも、
関東初進出です。


ポラリスさんの代表は私の友人でいつもお世話になっている方です。
またこの施設センター長さんは、
私が日本医科大学でパワーリハビリを学んでいた頃から旧知の仲です。

なので是非見ておかなければいけない施設です。

しかし、とても不幸なことに、
先月、日本各地に大きな被害を与えた台風26号の被害を受けたご施設でもあります。
オープンして2~3週間後の出来事でした。

今回の見学時には、
一見そんな痕跡も見られないほど綺麗に復旧されておりました。

写真4

登録者数も開設1か月で既にうらやましい登録者数でした。

ポラリスさんの主力プログラムである
パワーリハは、さすがセンター長Sさんと言わんばかりの完成度です。

たぶん知らない人が見れば、
「スタッフの動きが自然でホスピタリティー性にあふれたすごい施設だな~」と
思われるでしょう。

しかし、同時にそれを実現するためのオペレーションマニュアルが徹底化され、
同時に職員の所作が美しくみられるようによく訓練されている事がわかります。
これ以上は書けませんが、開設1か月目とは思えない素晴らしいパフォーマンスです。


そんなセンター長Sさんのおすすめという事で
お昼はタイ料理&ラーメンといういう事で、
博士ラーメン別館へ、
その様子はまた次回へ続きます。










「カジノ」ではなく「競馬」の意味 

「かがやき競馬」その後も順調で、
利用者様が自宅に帰り色々とご家族にお話しされているようです。

先日、ある重度の認知症の利用者A様の担当者会議に出席した職員が、
ご家族からA様が「家に帰ると競馬の話を1時間くらいするんですよ」と話題になったそうです。

しかも話を聞いていると1着の馬の名前や、
勝率の高い馬の話など意外と細かなお話をご家族にされているようで、
うーんA様の様子をかがやきで見ている限り、
競馬プログラムはではあまり興味がないような印象だったので
余計に驚きです。

それにしても
すごい短期記憶だなぁ~。
改めてA様の潜在的な力を知ることが出来ました。

このブログの中でも3年位前に
夢の湖様の「カジノ」の取り組みを利用者様とお話した事を書きましたが、
デイサービスは小さな社会です。

その小さな社会の均衡を崩したくないという利用者様のご意見が、
今の「かがやき競馬」プログラムを生み出しました。
確かに利用者様からもご指摘があったよう危惧も無く、
現在は順調にプログラムが浸透しています。

更に今回のA様の様に短期記憶機能を刺激したような
素晴らしい副産物も生まれています。

後はこうした副産物をどうほかのプログラムに活かすかです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。