FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の営業日思う事。 

今日は2012年の最終営業日でした。

今年は色々な意味で苦難の一年でした。
昨年後半から予測していない事が次から次に起こり、
それが2012年にの計画にも影響を及ぼし、
リカバリーが精一杯の後手後手の一年でした。

振り返れば、
昨年11月に株式会社の本社設立とデイ開設に関してあれだけのダメージを受け、
根本的な計画の変更が必要となったにも関わらず、
計画内容をより深化させ、
上半期迄に株式会社の本社設立とデイ開設にこぎ着け、
事業をスタートさせ、
少しでも前進出来た事は大きな財産です。

また今年は、公私含めて次々と悪い事が重なり、
かつて経験した事の無いほどの辛い1年でもありました。
恐らく少し前の自分であれば心が潰れていたでしょう。
しかし、それでも壊れる事の無かった自分の心は、
大きく成長した気がします。


まぁ、来年は今年よりも悪くなる事は無いでしょう・・・。

スポンサーサイト

KDS&LTE 

今日はシステム担当とKDSの打ち合わせ、
不具合点の修正と、前々から検討してる書類作成モードの打ち合わせ、
なかなかワンタッチという分けには行かず苦労もありますが、

これで服薬管理のモードはかなり使いやすく進化するはずです、
なんでこんな単純な事を今まで思いつかなかったのでしょうか???
また、パワーリハのグルーピング作成機能についても大幅な改善が見込まれます。

請求業務に関してはワンタッチで終了迄には時間がまだ必要でしょうが、
この手法であれば、提供表のチェックと請求業務は更に楽になるでしょう。

そしてLTEを使用した施設外でのKDS作動実験は大成功!!
Iphone5のテザリング機能を使い、BluetoothでペアリングしたiPad2で施設外からKDSを使用、
3Gとは桁違いのサクサク感です。
正直3Gではレスポンスが遅く使い物にはならないなぁという印象でしたが、
LTEは十分に業務に耐えれるレベルです。
施設内のWifi環境下よりはワンテンポ遅れる程度でしょうか・・・。

もちろんiphone5単体でも施設外からLTEを使いIpodtouchモードがサクサクと動きました。

LTEにより業務が格段に進歩しそうです。

休日出勤 

今日は利用者様パワーリハ設定と食事介助でお昼前から出勤です。

障害が重くレスパイトケアが主な目的の利用者様ですが、
なんとかパワーリハを出来ないかという事で、
新たなセッティング方法を考えパワーリハを実施しました。

その後食事介助に入り、
食事介助お行いながら口腔機能などもチェック、
途中で新戦力のSTに食事介助を交代し
お互い意見交換しました。
久しぶりの食事介助でした。

ipadmini 

昨日はパワーリハ復習セミナーが開催されたのですが、
風邪声で参加者の皆様には申し訳ない気持ちです。

友人のMさんはIpad miniを持参です。

Ipad miniは現在品薄状態でなかなか手に入りません。
そして軽い!!
やっぱり欲しい!!

iPhoneのデザリングが明日からはじまるので、
Ipadとの組み合わせで威力を発揮しそうです。

ちいさな一歩 

明日は訪問リハビリの日です。
お昼から夕方7時くらいまで訪問業務です。

火曜日は介護保険の認定審査会がある事もあり、
スケジュールとしては比較的ハードな一日です。

今年の6月位から私が担当している方なのですが、
呼びかけてもほとんど無反応の寝たきり状態で、
痙性(体のつっぱり)も強く、
四肢は拘縮しきった状態です。
もちろん経口摂取も出来ませんし、
尿意便意もありません。

ご家族も含め主治医もデイサービスに行くなんて、
だれもが無理と思われていました。

私はこうした方にお会いするたびに、
「なんとかしなくては・・。」と
心は燃えたぎります。

現在は、
訪問リハビリをはじめ、
こちらの言語での呼びかけにも時々反応してくれるようになりました。
痰の頻回な絡みも少なくなり、
痰の吸引頻度も減ってきているようです。

座位も可能となり、
調子が良いと自力での単座位もものの数分ですができるようになり、
先月から、
私たちのデイに週1回通えるようになりました。
来年は週2回デイが目標です。

主治医の先生の往診にも車いす座位でお迎えする事ができるようになりました。

見た目では、
もの凄い変化ではないかもしれませんが、
大きな一歩である事には違いありません。

しかし、
家族の方には依然として負担がかかっています。
それでもご家族の方の喜ばれている表情を見ると仕事をした実感が湧くとともに、
更なに心が燃えたぎります。

こうしたレスパイト目的でのデイも通えない方は多くいらっしゃいます。

スケープゴート様に制度化した現状の療養型通所介護では、
制作誘導しないかぎりコスト的は運営も困難です。
胃瘻や吸引がネックになりサービスが十分でないケースも少なくありません。
こうした現実がこの世界にまだまだ存在していますし、
10年前と比べても体感的には変わっていない気がします。


私たちのデイは体を動かすリハビリの印象が先攻していますが、
訪問リハビリを経て、
胃瘻や痰の吸引などが必要でレスパイト目的の方もご利用されています。
こうした取り組みは非効率であり利益があるどころか利益が飲み込まれてしまいます。
実際、物的も人的にもコストはかかっています。
沢山の方達にはこうしたサービスを提供する事はできないかもしれませんが、
赤字にならないのであれば継続するつもりです。

効率重視の私なので矛盾しているようにも聞こえますが、
これは理屈ではなく、自分自身の仕事に対する源流につながる行為だからです。

私たちが短時間型デイにウエイトを置かず、
短時間と一日型滞在のデイを組み合わせた「ハイブリット型デイ」にウエイトを置くのはこうした背景を痛いほど「体験」し、デイに対する初心を忘れないようにしているからです。


まだ、まだ何か出来る事があるはずです。

電話勧誘 

日本リスクマネジメント協会の勧誘が多くて困ります。

多分、協会本体の勧誘ではないのでしょうが、

代理店かなにかが、
会社名も名乗らず、
知り合いのような口調で施設長の電話を取り付いて下さいと言うようです。


今日は営業さんは、ため口で、まるで知り合いのような口調で
「施設長さん、介護施設にはリスクが云々〜。」
私が一番嫌うタイプの営業手法です。

先日も勝手の資料を送りつけてきて、
返事がないので返答しろと更に電話で畳み掛けて来て、
断ると、
「あなたの施設は、権利がなくなりました、うちは変な勧誘と一緒してもらっても困りますので・・・。」
と言いたい放題で挙げ句の果てに逆切れ状態。

まぁ、このリスクマネジメント協会がらみの営業は、
とにかく言葉遣いが悪く、
私のこの協会に抱くイメージはもの凄く悪い印象です。

他人の振り見て我が直せで、
気をつけねばいけません。。。

小中学校に作業療法士を。 

こんな報告を見つけました。
<発達障害>

公立の普通学級に通う生徒の6.5%に発達障害が見られるという報告ですが、
私は作業療法士は発達領域の医療機関や施設でも広く活躍している事もあり、
小・中学校にも作業療法士が配置されるべきなのではと思っています。

しかし、当の作業療法士自身がこうした情報に敏感に反応し、
こうした問題の解決策として積極的に政治的にアプローチすべきなのでしょうが、
作業療法士協会がそうした動きを活発化させているようには私には見えません。

どうもこの職能協会は保守的で、
新たな職域拡大については言動と行動が一致していない気がしてなりません。

作業療法士の知識は多岐にわたり、
様々な分野で応用が利く仕事であるような気がします。

時代が求めているのなら、
上手く適応しながら職域拡大も可能な気がしますが・・・・。

 

今年は邑楽町のデイの
クリスマスの飾り付けが凄いです!!

巨大リースと天井の飾り付け、
まるでデパートの様です!!

まだ完成してませんが、
完成したらUPします。

 

何となく年末が近づきつつあり、
気分的にも忙しいような気がします。

デイサービスセンターかがやき赤土も開設から半年が経過し、
群馬県では恒例の、開設半年後の保健所チェックが入りました。
監査や実地指導とはまた違いますが、細かいチェックとダメ出しが行われます。
今回の赤土では、あまり指摘事項も無く、適切な運営だとお墨付きを頂きました。

12月は下浜田がリニューアルして半年なので保健所指導が入ります。

来年度に備えて、
パート職員の募集もはじまりました。

遅れがちの様々なプログラムも前に進めなければ行けません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。