FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開業当月終了 

計画が大幅に遅れる事やっと念願のオープンにこぎつけ、
オープン月のご契約者数は20名弱でした。
今後、契約に繋がりそうな案件も含めると22~23名になります。

この数字は何を意味するのでしょう?
この数字の意味するところを考えなければいけません。

館林の地でも、「かがやき」のサービスが必要とされた証として満足すべきなのか?
それとも経営的な面で、プロモーション活動で力が及ばず、利用者様を集めきれなかったと反省すべきなのか?

確かにデイサービスは年々、経営が苦しくなる施設、利用者様が厚めに苦労する施設と、
デイサービスを運営する環境は苦しくなる一方です。

ただ確かな事は、
自分達が提供できるサービスに自信を持って、
利用者様のためになるサービスを提供する。
という事です。

経営はそんなに甘いモノじゃない!
というご意見もありますが、
自分達のサービスのコンセプト「軸」が
ブレたサービスに人は感動しません。

経営的には潤沢な資金があるわけではないので、
私の心は毎日がタイトロープを渡っている感じですが、
その緊張感に負けてもいけません。

いまはスタッフを信じ、
やるべきことをやるだけです!!

スポンサーサイト

爆笑問題と共演?? 

昨日NHKで、PM11時ころに爆笑問題の番組がやっていて、
なんと大泉町のブラジル街の探検番組をやっているではないですか!!

番組の最後には、かがやきのデイの隣にある在日ブラジル人の学校施設でロケをしたようで、
チラチラとかがやきのデイ、クリニック、そして私の実家までがバックにとバッチリと写りこんでおり、
内容そっちのけで、写ってる!写ってる!
「うちのデイもいよいよ爆笑問題と共演だ~!」と、
大人気もなくはしゃいでしまいました。

爆笑問題さんがすぐそこまで来ていたとは知りませんした。

 

金環食
ハッキリと見えました。

出勤前に子供たちとともに
そろって観察。
金環食を5分くらい見て、
直ぐに出勤
出勤して椅子の影を見ると、
椅子の背もたれの穴のこぼれ日にも、
かけた太陽の影が映っていたのでパシャリ。
ちょっと分かりずらいかもしれません。
写真



いよいよスタート 

来週から新人研修がスタートします。
今回は介護職4名、看護職2名でのスタートです。
株式会社と医療法人を合わせたかがやきグループとしてはじめての新人研修です。

送迎運転手も今回の募集では応募が多く、
まだ選考中ですが、明日には2名の内定者が出ます。

初の株式会社かがやき研修センターでの研修です。

社会文化功労章に内定!? 

それは突然の事でした。

金箔の刺繍が入った封筒が郵便で届き、
おそるそろる封筒を開けてみると・・・・。

写真2

何やら菊の御紋が入った仰々しいお手紙です。
私を地域社会貢献を評価して推薦する方がいて、
その方の推薦で、
私の地域社会貢献等が、
審査委員会で認められたそうです。

しかし、私はまだ若輩者。
今回の内定頂いた立派な栄誉ある賞を頂ける身分ではありません。
私よりもふさわしい方がたくさんいらっしゃると思われます。

自分の仕事を見ていてくれる方がいて、
それを評価している方がいる事は大変うれしい事です。

私を推薦していただいた方には本当に大変申し訳ありませんが、
GW明けに丁重に辞退させていただこうかなと思っています。

ついに開所 

ながらくブログ更新をお休みしてしまいました。

4月21日の夕方からデイサービスセンターかがやき赤土及び株式会社かがやき本社研修センターのオープンセレモニーを行いました。

テープカットの様子。


セレモニーパーティーの様子。
DSCN1174.jpg

DSCN1112.jpg

わざわざ神戸から駆けつけて頂いたポラリスグループの森先生と斎藤様、
大阪から駆けつけて頂いた田中外科の三苫様をはじめ、
パワーリハ関東支部の支部長様、事務局長様、
地元医師会の先生方、そしてケアマネの皆様。
そして多くの友人達、建設関係者様や、地元の方々、
ありがとうございました。

また多くのお花も頂き、
本当に感謝です。

こうして開所式に多くの方にお集まりいただき、
本当に自分は幸せ者だなぁとしみじみと感じました。

その後の内覧会を一週間行いましたが、
延べ148名方に御来場いただきました。
準備不足ではありましたが、
多くの方にご来場いただきました。

御来場者からのお話を伺うと、
かがやきへの期待の高さがうかがえます。

ここ数ヶ月、スタッの病欠により1人3役の仕事をこなしているので、
家族と過ごす時間も無く、相変わらず家族サービスができません。
「ライワークバランス」なんて言葉とは無縁の生活です。

実は、
開所式3日前体調が悪く開所式が体調不良のピークでした。
開所式の午前中はフラフラ状態で、
意識も朦朧としていて、
まともに歩けない位に体が重く、
点滴を打って式典に臨もうと考えていましたが、
準備でそんな時間もとれず、結局は薬と気合と根性で乗り切るしかありませんでした。
式典中は多くのお客様に来ていただいた事が嬉しく、
不思議と体が軽く、アタマもクリアでした。

しかし、これだけ無茶していても体重は減らないのは本当に不思議です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。