FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幸運の神様」を準備して迎える 

昨日の訪問リハビリの場面。

学生と、新任PTととも、訪問に出かけました。

もう8年寝たきりで
右手は麻痺して動かないの方なのですが。


ついに昨日、
その方の右手が動いたのです。
正確に言えば肩の内転筋群が随意収縮し、
結果的に上肢が動いたのです。


寝たきりなので、
目標は座位ができるようにアプローチを進めていたのですが、
ここ最近はどうもその麻痺している右手が気になって仕方がなかったのですが、

昨日はその右手がついに光り輝いている様に私に見えたのです!!
そして更に動かしてくれと訴えてきたのです。
その訴えに従い、
右手のアプローチを行うこと20分、
ついに動き始めました。

はじめはわずかにピクピクっと。
そして一気に脇を占めるように上肢が動き始めました。
その瞬間、何とも言えぬ感情が湧き上がりました。

こういう話をすると非常に怪しい感じですが、
私は時々こうした感覚を感じることがあります。

ただ自分では不思議には感じていません。
ある恩師が「幸運の神様」とお話をしていたのを思い出すからです。

幸運の神様は、前髪しかなく、後ろ髪はない。
つまり、十分に準備して、前髪がつかめるようにしないと
幸運を逃してしまうよ
という教えなのですが、

私は、この師の教えが昨日の現象と出会うたびに思い出されます。

私はプロフェッショナルとは、
十分に準備をして好機を逃さず対応できる人の事だと思っています。
(NHKのプロフェッショナルで言ってみたいものですが・・・。)

私は色々なツキに恵まれていると思っていますが、
この場合のツキとは決して宝くじあたるというようなものではなありません。


しかしこうした現象との遭遇が私を現場から離れられなくしている原因でもあります。
この訪問リハビリの素晴らしさはひとつは、
そうした所に面白さがあるからです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。