FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロイド 

AUの新しいスマートフォンが間もなく発表という事で、
アイフォーン4を我慢していましたが、
最近やはり2台持ちにしようかとも考えています。

本当は仕事でも使いたいので、
Officeが使えるウインドウズフォンがよいのでしょうが、
AUは今後アンドロイドで行くという事なので、
AUのウィンドウズフォンのIS02はお預けとなってしまいました。

使い方次第なのでしょうが、
その使い方によっては仕事が大きく変わります。

周りにもMacユーザーは多いのですが、
個人的にはどうもMacは馴染めないんですよね。
やはり仕事をベースに考えると・・・・。

スポンサーサイト

新規デイサービス設立にむけて 

新規のデイサービスは、
空きテナントを改装し運営するスタイルです。

広さはおよそ115㎡(約35坪)、
当初は10名定員からはじめ、最大定員20名の
短時間型のデイサービスを開設します。

ほぼ居ぬきの状態で作り上げるので、
施設改装費は150~200万円を目指しています。

コンセプトは
そのままズバリ!
「本物のパワーリハビリを!」

3-4時間の滞在で、
パワーリハを中心にトレーニングを行って頂くスタイルです。
「本物」というキーワードが味噌です

ご近所には徒歩圏内に
大規模な病院系列のデイケアが2件、
そしてデイサービスも2件、
そのうちひとつはチェーン展開をする機能訓練型デイサービスの●●●●●●です。
競合施設が合計4件、
厳しい運営を迫られることは目に見えていますが、
決して四面楚歌ではありません。
むしろ好条件です。

さらに今回は秘策があります。

さながらレッドクリフ(赤壁の戦い)
の様な展開です。

赤壁の戦いの戦術は「火攻め」でしたが、
ウチの戦術は「パワーリハ」です。

「なんだ」と思われるかもしれませんが、
戦術として使用するパワーリハは、
「健康」というキーワードにおいて最も説得力があり、
そして効果が期待できます。

利用者様の「健康」を考えた場合、
「本物のパワーリハ」を提供することは、
社会的な意味を持ちます。

私たちが「本物のパワーリハ」を武器に進出するという事は、
その地域の生き残りをかけた、
「サービスの質の向上」という戦いを
意味するという事です。

そうした意味で社会的意味を持つのです。




新たな試練は、再生と創造と発展 

今日の職員ミーティングで大事な話をしました。

ひとつは、
来年初め頃に
短時間型のデイサービスを新たに隣町に開設します。

もう一つは、
ここ数年は表立った活動はしていない
株式会社を「株式会社かがやき」と名称変更し、
正式に活動させてゆくという事です。

実は、以前からデイサービスの運営に関してのコンサルティング依頼のお話を受けることがあったのですが、
ずっと固辞してきました。

基本的にこの方針は今後も変わりませんが、
今回は例外として、
とある中規模のデイサービスの再生と、
昔からの友人の新規のデイサービス開設
を手伝う事にしました。

例外としてお手伝いすることを決めたのは要因は、
「人」と「人の繋がり」です。

デイサービスの再生の件は、
本当にかなり深刻な状況で、
根本的な改善策が早急に必要な状況です。
普通の法人であれば確実に倒産している状況です。
ウチの規模の法人であれば、
とっくに潰れています。。。


そのような状況の施設をなぜ救うのか、
ほっておいてその施設が潰れてしまえば、、
ウチのデイに利用者様が流れ込み、
ウチのデイにとってはメリットがあるのですが、

利用者が減り続けても、
その施設を長く愛用されている利用者様もいるのです。
そうした利用者様をほってはおけませんし、
なんとかしようとしている施設の職員もほってはおけません。
WIN&WINの関係が築けるように、
自施設と同じように
全力で取り掛かろうと思っています。


新たな施設も、
熟成された運営ノウハウを最大限に活かせる形で表現します。
この施設はかなり面白いモデルになります。
創造するだけでワクワクしてしまう程、
モデルとしては新しくはありませんが、
モデルの活用方法としては革新的な運用方法で、
おそらくこうした形の異なる法人の競合する施設の、
WIN&WINが築けるモデルの活用は、
おそらく初めての試みでしょう!

このモデルの活用方法が、
かがやきで熟成されたソフトとともに機能する様子を思い浮かべると
心が躍ります。

今日、職員にお話しした事は、
新たな試練として、
しっかりと向き合うつもりです。

新たな試練 

利用者様が減少の一途をたどる通所施設は、
本当に再生できないのでしょうか。。。
私はそうは思いません。

今にでも潰れてしまいそうな施設でも、
たくさんの良いところがありますが、
それを活かしきれていません。
潜在能力は確かにあります。


今年の暮れから来年にかけては、
新たな仕事が立て続けに続きそうです。

明後日はデイの職員全体会議、
その時に正式にも職員に話す予定です。

これで私の予定はかなりハードな日程になりそうです。
重い、重い腰をあげる時が来ました。
腰はあげましたが、
まだ石橋を叩いて渡ってはいません。
その石橋をいよいよわたります。

今、立ち上あがるべき時なのかはわかりませんが、
今年と、来年は、新たなステージのスタートとなることには変わりません。

しかし確実に進み始めました。

一眼レフカメラ 

一眼レフカメラを買ってしまいました。
といってもカメラは初心者なので、
キムタクがイメージキャラクターを務める、
カメラが撮り方を色々とガイドしてくれ機能が付いた、
ニコンのD3100というカメラを買いました。

つい数か月前まで、
カメラなんて
コンパクトなデジカメで十分を思っていたのですが、

宮崎あおいさんが出演していた、
オリンパスのカメラが、
アートフィルターという機能で
素人でも、ジオラマ風や、ポップ調などテクニック的な写真が簡単に映せるというの聞いて、
ちょっと興味が沸き、

それでも、
カメラの露光や絞りなど意味がまったく分からなかったので、
「なんだか一眼レフカメラは難しいなー」
と思っていたのですが、
ニコンのカメラにはそうしたカメラ知識がなくても、
ガイド機能に従いシャッターを切ると、
うまく写真が映せるというのに、
一気に興味が深まり、
息子の初めての運動会というのも後押して
思い切って買ってしまいました。

しかし、
実際に写真を撮ってみると、
今までのコンパクトデジカメとの写真の違いにびっくり!!
やっぱり違うもんだなと、
その機能に驚いてしまいました。


しばらくカメラにはまりそうです!

中国・・・。 

最近中国の軍事力の増強が著しいという報道を耳にする。
尖閣諸島の中国船との衝突問題は日本の国防問題について大問題である。
中国はかなり自分達を正当化していたが、
日本のスタンスはあまりはっきりしていない印象で、
これではマスマス付け込まれてしまう。

しばらく前には、中国の軍事ヘリが日本の海自だったか、海保だったっかの船先をかすめて飛ぶという
挑発的な行動が報道されていた。

私は国粋主義者ではないが、
明らかに日本は馬鹿にされている。

確かに近世の日本が中国行った戦争行為は、
正当化できないがそれとこととは別問題である。

外交上の問題がいろいろとあるのだろうが、
主権侵害とはっきり、モノ申せない日本の現状は、
なんとも世界的にみてみっともなく、滑稽だ。

内憂外患、小沢さん、菅さん、どちらでもいいけど、
世界にでても恥じない政治をおこなってください。

私は、
最近の中国の様子をみていると、
日本と対する事で、
自分たちの力を推し量っているきがします。
一連の軍事行動を含め、
円高すら中国が裏で糸を引いて、
日本をダシに中国の経済力を推し量っている様に
思えてしまいます。。。

そろそろ過去の過ちを引きづりながらの
人のいい日本は終わりにしましょう!

ちょっと怒り気味です。。

薩長同盟 

坂本竜馬がこんなにブームになるなんて、
幕末モノの大河ってコケるイメージが大きかったのですが・・・。
個人的に竜馬は好きな偉人なので、
なんとくうれしいような気もします。

竜馬と言えば薩長同盟、
明治政府設立の影の立役者・・・。

影の立役者というのがまたイイのです。

私は政治に関わる事は好きではないのですが、
好き嫌いにかかわらず、
己の意思にかかわらず、
対峙しなければいけない時があるようです。


山野井政務官のお泊りデイ、
相変わらず、とんちんかんな政治家です。
どうも彼が関わるごとに介護保険は迷走する気がします。

次回の改定も、
どうやら厚労省の計算上はプラスにはほど遠い内容らしいです。
また処遇改善金も3年でおしまいという空気のようです。
このままいけば
デイのダウン改定は確実です。

やはり、厚労省は小規模の事業者の切り捨てに向けて、
着々と準備を進めているようです。

一転 

昨日まではカラカラでしたが、
今日は一転して雨でした。
そういえば台風が近づいていました。

今日は3人の利用者様の下肢装具の制作に立ち合いました。

毎度のことながら、こうした装具制作にかかわってプロの視点でアドバイスをしても、
自分たちのお金にはならない仕事だし、
立ち合うことで責任が生じ、
更には仕事の調整をして立ち合うので、
コストがかかり、
私たちにはご本人の喜ぶ顔と」装具によるより良い生活が、
報酬になるのですが、
責任と報酬という視点考えれば明らかにデメリットだけしかありません。

しかし、装具の一つとってもADLが一変してしまうので、
やはり、立ち合わずにはいられません。

セラピストが装具にかかわらず、
本人任せ、装具士まかせで、
結果的に本人のADLやQOLを大幅に阻害しているケースは、
嫌になるほど見てきています・・・・。

地域の仕事って評価されないことが多すぎます。
しかし私は、それでもかかわらずにはいられません。

お金が欲しくて言っているのではありません。
善意だけでは長続きしないと言っているのです。

日本の福祉や介護ってまだまだ従事する人の善意で成り立っています。
そうした人が馬鹿を見ない制度にしてゆかなければいけません。

それにしても、
11月11日の発表演題の審査結果はどうなったのか、
音沙汰ありません。
そうなったのやら・・・・。

大地がカラカラ。 

今年の夏は、
あまり夕立がやってきません。
送迎は助かりますが、
これだけ雨がないと水不足が心配です。。。

気が付けばもう9月、
年末に向かいスケジュールが立て込んできました。
10月、11月、12月中旬まで週末の予定が埋まってしまいました・・・。

特に10、11月はハードな日程が続きそうです。
そんな状況下で重要な決断をいくつか下さねばいけません。
そして優秀な人材も探さなければいけません。

考えなければいけないことが山ほどあり、
9月中にしっかりとスタミナを蓄え、
情報を整理して
年末に向かわないと・・・・。

パワーリハ実務者研修 

パワーリハの実務者研修が北関東地区で初めて開催され満員御礼でした。
当日のキャンセルもなく、みなさん真剣に取り組まれておりました。

今回は初の試みで、
パワーリハの利用者様が4名ご出席され、
他の参加者に混じり研修を受けました。

4名の利用者様は真剣な表情で、
食入るように講義を聴き、
実技ではマシンの奥深さを感じながら取り組んでいらっしゃいました。

昨日の研修を受けられた利用者様は、
今日のパワーリハで、
さっそく姿勢を職員に確認してもらったり、
自ら麻痺側の介助を絶ち、
自分の力で動かそうと努力されたり、
利用者様にとっても、
ものすごい刺激になったようです。

利用者様の視点からも厳しくチェックされる時代がもうすぐ来るかもしれません。
むしろやってきて、
施設を厳しく判定して、それを出版するくらいの時代がくるかもしれません。
うちの施設はそんな時代でも生き残らなければいけません。

今回の研修会にはいくつもの試みなされていました。
一般企業でいえば当たり前すぎるのですが、
おそらくこの業界では革新的な技術が投入されています。

それを、見事なチームワークで証明しました。
名司会と会場空気のバランス感覚の把持、
細やかな配慮と確実な事務作業、
それを補佐する堅実性
ひきつけるツボを心得ているの講義
裏付けられた知識の安定感。
人的なバックアップ。
私はクリエターかな?・・・。
そして信じて見守る。。。

いろいろな仕事をしてきましたが、
本当に最高のチームだと思います。
明確なビジョンのもと乱れがありません。

本当に良い経験をさせてもらっていいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。