スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイ増築工事 

SANY0460.jpg

デイサービス増築工事の地鎮祭が今日行なわれました。
いよいよデイサービスの新たな展開です。

機能訓練室を新たに増築し、
より多くの方にパワーリハビリテーションに取り組んでいただきたいという願いが込められています。

この1年空き待ち方も多く、
またパワーリハだけをやりたいという利用者様の声にこたえようと、
機能訓練室を増築する事で、
こうしたニーズにこたえます。

増築工事が終え稼動を始めれば、
訪問リハもいっそう強化し、
連携をとる事で、
包括リハシステムもいっそう充実します。

これにSTさんが加われば、
万全になるのですが・・・。
なかなか求人の応募がないようです。

在宅でのリハビリを考えれば、
施設だけ完結はできません。
サービスの組み合わせが重要です。

それでも、増築工事が完了すれば、
デイサービスのオプションが更に充実します!!

よりいっそうのニーズに答える事ができます。

いまから楽しみです。

スポンサーサイト

修士論文 

先々週の金曜日に修士論文を提出してきました。
20時の締め切り5分前でギリギリでした。

あれだけ手間ひまをかけて書き上げた論文は初めてでした。
昨年度末の研究テーマ発表会から始まり、
今年度はじめの倫理審査と3回の発表を経て、
やっと提出です。

他の院生の研究内容の発表も聞かせていただきましたが、
私の理解できるレベルをはるかに超えて、
ただすごいなと思う内容ばかりでした。

何にでも言えることですが、
才能の差というものはどうにもなりません。

その差を少しでも埋める為に、
自分で努力するのですが、
これがなかなか大変です。
しかし「努力できる」というのも一つの才能だと思います。
私は努力するもとてもつらいのですが、
それをチャレンジ精神が後ろ盾になって推し進めます。

そして先週の水曜日に口頭審問がありました。

沢山の鋭いご指摘を受けながらも、
冷や汗がダラダラでした。

あとは2回の教授会で承認されれば、
無事卒業です。

後は待つだけです・・・。

パラダイムシフト 

障害者の定義が見直されるという記事がありました。

以下毎日jpの記事です
http://mainichi.jp/life/health/fukushi/news/20100111ddm003010173000c.html

これは、この業界にとってものすごく大きな転記になります。
障害を「医学モデル」中心から社会モデル」へ視点を変えるとい事は、
記事にも書かれていますが、
コレまでの法律や社会システムも大きく変わる事につながります。

医学モデルから社会モデルへ転換されるという事は、
作業療法士に対するニードが大きくなるという事を意味しています。

年末も読売新聞に作業療法士の紹介と、
役割について記事が掲載されていました。
いままで、ほとんどメディアへの露出が無かった作業療法士が、
最近、メディアへの増えているというのは、
こんな時代の背景があるからなのかもしれません。

遠くない未来に作業療法士の時代がやってきます。

 

昨日の大学ラグビー選手権は見入ってしまいました。
私の母校である。帝京大学がついに初優勝しました!!

私が在学していた当時、
メキメキと力を付け始めた頃で、
選手権でもいいところまでいけるのでは・・・。
といわれていましたが、
その年にラグビー部員が事件を起こしてしまい、
その後いしばらく低迷してしまいました。

当時の様子はよく覚えています。
学校上空をヘリが飛びまわり、
校門の周辺には、
マスコミが押し寄せていました。

私が在学していた頃の帝京は、
ヤワラちゃんこと柔道の谷(田村)選手や
箱根駅伝に初めて出場するなど、
スポーツ全盛期で、
さらに芸能人もチラホラと入学し始めていた頃でした。

でも、そうした人たちと顔を合わせる事は、
ほとんどありませんでした。

なにせ帝京は、超マンモス校です。
私が在籍した文学部史学科は300~400人くらいでしたが、
他学部の経済や経営、法学部は、学科だけで、数千人規模です。。。
あつまれば万単位です。

ウチのデイある町の人口の倍以上です!!

しかし、不思議な事に、そんなに沢山の学生がいるのに、
なぜか教室はガラガラなんですね。。

私も3年生まで、
身にしみて勉強しませんでしたが・・・。

卒業してずいぶん立ちますが、
こうして母校が活躍している様子を見ると元気をもらえます。
いあゃ~、とにかく昨日は、テレビを見ながら興奮しました。

あけましておめでとうございます。 

あけましておめでとうございます。

新年早々、頭がオーバーヒート気味です。
修士論文の提出を明後日・明々後日に控え、
現在追い込み中です・・・。

ロジカルな文章と格闘中です。
英語訳の論文要旨も付けなければいけないので、
これがまた更に頭を混乱させています。

英語は中学生から大の苦手で、
苦手意識が物凄くあり、
見ているだけで頭痛がしてきます。

日本語で論文の要旨をまたおめるだけでも一苦労なのに、
英語でまとめるなんて、異次元の世界にいるようです。

仕事はじめの昨日の夜から、かなりの偏頭痛に襲われています。
7日には、県の集団指導もあり、
今週は新年早々ハードな年になりました。

しかし新年早々、凄い事が、
昨年末、デイの職員の有志で買った宝くじに、
奇跡がおきました。
私は、あんな宝くじ初めて見ました。

なんと1等と同じ組で、
番号が2桁違うだけだったのです。


はじめは、
どうせあたらないかな~とタカをくくっていましたが、

何気なく、組数を眺めると、
あれ?
一等と同じ組だ!
そして下桁から番号を確認すると・・・・!

一瞬あれっ??
もしかして、
2億円当たっちゃった???

と冷静にもう一度見直すと2桁ずれています。

ちょっとほっとしたような、とても残念なような、

まぁ、なんとも微妙な結果でしたが、

そのくじは、しっかりと300円を当てていました。


しかしあんなに1等に近いくじははじめてみました。

新年早々、こんなとこで運を使い果たしてはいけませんが、

これは今年、なにかとんでも無い事がおこる予兆でしょうか・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。