FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんてこ舞い 

この一週間は午前様の帰宅で、
家につく頃には毎日深夜2~3時近くになっている。
帰宅し布団に入るなりあっという間に夜が明けてしまう。

とりあえず、
月末まではこんな不規則な生活が続きそうである。

特に来週末には新居への引越しが控え、
再来週には大学院の研究中間発表が控え、
その週末には新潟で基調講演が控え、
月末には兄弟の結婚式が控え、
更には11月はOT学生の実習を引き受けているので、
来月は私生活も仕事も充実しすぎて、
過酷な月になりそうである。

そして「例の計画」も進行させなければいけない。
既に一部の職員には計画の内容は話してあり、
今後のウチのデイの運営方針と経営状況をを大きく変える、
ハードとソフト両面の大改革事業なので、
計画立案とシュミレーションも更につめなければいけない、
そして外部への連絡調整等も更につめなければいけない。

修士論文も何とかメドが見えてきたが、
まだまだデータ解析かなり残っている。

今日明日で月末なので、
今日もこれから利用者全員の提供表のチェックと
毎月の報告コメントを片付けなければ帰れない・・・。

なるべく昼間に行いたいのだかなぜか月末は担当者会議がひしめき合い、
そして嬉しい事ではあるが、
ここの一週間、毎日アポ無しで利用希望の見学の方がたずねてこられ、
毎回介護保険音手本的な話から、ケアマネさんの話から、
そして利用の手続きまでを丁寧に話していると、
あっという間に1時間位は過ぎさってしまい、
貯まった業務がなかなか進まない・・・。

基調講演、
例の計画、
新築への引越し、
修士論文中間発表、
11月にこんなにいろいろと重なるとは・・・・。
更に看護学校の講義や「おーらシステムのバージョンアップ」などもこれに加わり、
まさに「てんてこ舞い」
あまりブログに時間をかけるとお泊りコースになるのでこの辺りで・・・。

スポンサーサイト

ニュース! 

パワーリハビリテーション機器を取り扱っている。
株)酒井医療さんがシップヘルスケアホールディング子会社の(株)セントラルユニの傘下に入ったようです。
前々からいろんな噂を聞いてはいましたが・・・。

ユーザーとしては不安な部分は拭えませんが、
良い方向行く事を期待してます。


それはそうと、
11月の3県合同のパワーリハ学会に基調講演の原稿がようやく完成しそうです。
今回「テーマである「伝えよう現場からの声を、あらたな発見の共有を!」にからめた、
視点を加えてお話をしようと考えています。
あまりマニアックにならないように注意しないと、
かえって難しい話になってしまうのでその辺りを意識しています。

とてもありがたい熱狂的なサポーターの存在 

なぜか今ウチのデイでは入浴介助用のシャツが大人気です!!

それも職員ではなく、
なぜか利用者様から大人気なのです!!

ウチのデイでは入浴介助時に
入浴介助用のユニホームに着替えるのですが、
4年目に入り、旧モデルも痛みがひどくなり
少し前に入浴介助様のシャツをフルモデルチェンジしました。
確かに一見着易そうなイメージで、
パープルの色使いも鮮やかなユニホームです。

するとそのシャツが利用者様に大好評で、
利用者さまから「ほしい」という要望が多く、
「おーら」と交換できるようにしてほしいと要望を沢山いただいています。
すでに実現できるか検討に入っています!!

2年位前も、ユニホームのズボンのモデルを変えたときも、
そのズボンがほしいので売ってほしいと
数人の利用者よりご意見がでました。

これはある意味本当にすごい反応です!!

これは想像するに、
私に例えると、
サッカーイングランド代表のユニホームがほしい、!
サッカーチームのマンチェスターユナイテッドのユニホームがほしい!
と言うような感覚に近いのでしょうか・・・・。

そして更に、そのレプリカユニホームを着て、
試合を観戦しに行くという感覚に近いのでしょうか?
この行為をデイに例えると、
スタッフと同じシャツを着てデイに出かけて一体感を得るという感覚なのでしょうか?

本当にウチのデイは物凄い利用者様サポーターに支えられています。
そして愛されています。
ほんとうにありがたい事です!!

今ままでいくつかの介護サービスの施設を見学していますが、
こうした話は今まで聞いた事がありません。


最近は、ようやく職員の体制と役割も整い機能し始め、
良い方向に進んでいる気がします。

運営状況もかなりの高稼働率ですし、
現在利用されている方が利用回数を増やしたいというご希望も多くでているのですが、
定員の関係上なかなかご希望に添えていない現状です。

例の計画も、
利用者様のニーズとスピードを考えると、
はやく実行に移さないといけないのですが、
何しろ地元のゼネコンのフットワークが遅すぎます。
風があるときに動かなければ時期を逸してしまいます!
つまり仕事を失うと言う事につながるのですが・・・。
その辺りのビジネスセンスが微妙に違うのが難点です・・・。

トップ記事!! 

今日の上毛新聞の一面で、「理学療法士急増(報酬引き上げで)」「サービスの低下、問題視も」などの文字が躍っていました。
記事の最後には現場に出た後も知識や技術を磨き続けられるシステムが早急に必要と結ばれていました。

作業療法士についてはノーコメントでしたが、OTも確かに意識は違うような気がします。
意欲的に勉強する姿勢と言うのはあまりない気がします・・・。
もっと言えばプロ意識にかけると言うほうが適切でしょうか・・・。

個人個人の意識の問題なので、
いかんせんどうにもなりませんが・・・・。
私は間違いなく学生時代よりも仕事をしている今の方が勉強の価値観と意欲が高いです。
自分の新人なりたて頃と比べてもしかたありませんが、
確かにこの仕事をやって行く上での「覚悟」が違う印象はあります。
「覚悟」を決めたからには勉強しなければいけませんし、
いろいろと思慮深く考えなければいけません。
結果的に知識や技術への絶え間ない追求となってゆきます。

文系進学を目指していた高校生の頃には、
今これほど確率をの勉強している姿はまさに予想外の出来事です!!
でも現実です。

みなが皆意識変革できるとは思えませんが、
少なくても専門職と呼ばれているのですから、
「覚悟」は必要だと思います。

最近「リハビリの結果と責任」(三輪書店出版)という本を読みました。
ここにもプロ意識とは何なのか?
考えさせられる刺激的な内容です。
確かに責任をもって仕事をするという言葉から一番遠いところにいるのがリハ職なのではと思えてきます。
しかし最後にはこの著者は時間の使い方・捉え方についての価値感に関する変化について書かれていて、その内容はまさに作業療法の世界に通じるものです。
この著者にそう思わせ、残りの人生を変えてゆく意識を生み出した事はまさにプロの技です。

そうしたプロ、
この業界限らず、
少なくなりつつある時代なのでしょうか・・・。
簡単な事ではありませんが、
本来当たり前の様な気がするですが・・・。

なんだか話がまとまらなくなってきのでこの辺りで・・・・。

「通所施設満足・意欲自己評価調査紙(試作版)」その後・・・・。 

「通所施設満足・意欲自己評価調査紙(試作版)」
ですがデータがそろい始め解析作業に入りました。

そして驚く結果が・・・!!

満足スケールについてのα係数は0.894
因子分析で、6因子が抽出され、その累積寄与率は81,988%

意欲スケールについてのα係数は0.954
因子分析で、5因子が抽出され、その累積寄与率は96,731%

とそれぞれ高い信頼性と妥当性の結果が得られそうです。

α係数はこの調査用紙の信頼性を表していて一般的に0.8以上の数値で信頼性が高いと言われています。

因子分析では、それぞれの質問項目にどんな因子が絡んでいるんかがわかり、
この累積寄与率が大きければそれぞれの質問項目が含む独自性(誤差)が少ないと言えます。
(ちょっとニュアンス的には違うかもしれませんので詳しくは統計の書籍をご覧下さい。)


まぁ、まだスタート段階で、
他にも信頼性と妥当性を検証しなければいけませんが、
とりあえず、「通所施設満足・意欲自己評価調査紙」の
信頼性と妥当性の検証は上手く行きそうな手ごたえです。

ここでつまづくいていては、
先に進めません。

そして、驚くべき結果は他にも沢山あり、
これらの解析してゆかなければいけません。

それなの中には、
通所施設でのセラピストの職種の関連して、
ICFでの各要素での満足と意欲、にも大きな関係性があることが分かりそうですし、

「通所施設満足・意欲自己評価調査紙(試作版)」の結果と
QOLとの間にも大きな関係がありそうなデータとなりそうです。

ただこれからデータと格闘です。
すでにデータ入力の段階からいっぱいいっぱいです・・・・。

どうしましょう! 

来月依頼された3県合同のパワーリハの基調講演、
内容を出来るだけシンプルかつ分かりやすくを念頭にストーリー
を構想中ですが、
このシンプルかつ分かりすいと言うのはとても難しい事です。

毎度の事ですが、
大まかなストーリーは決まっているのですが、
どれくらいレベルの人達をターゲットにするのか?
どう表現すれば分かりやすいのか?
またどんな部分の話を聞きたいのか?
いつも悩みます。

こちのらの話したい事だけを話すのであれば、
気が楽なのですが、
なかなかそう言うわけにはいきません。

1時間30分以上集中して聞いてもらえるように
もうすこし施行錯誤です。

蛍の光 

永年の相棒TTR250が今日ついにバイク王にドナドナ(引き取られて)されて行きました。



学生の頃からの長い付き合いでした。
この愛車でテントと寝袋を担いで日本全国各地を巡り、
数々の人々と出会えるキッカケや思い出を作ってくれた恩人です。

学生の頃はバイトしてお金が少しでも貯まると、
直ぐにツーリングにでかけていました。

特に北海道一周ツーリングは楽しい思い出で、
5万円を持って2週間程かけて北海道を一周し、
手持ちのお金はほとんどフェリー代とガソリン代に消え、
ライダーズハウスとテント生活で、
食パンを食べつなぎながら、
道内各地の露天の秘湯を巡り、
地元の方々や多くのライダーさんとの出会いがありました。

この仕事をしながら、
家庭のある身ではもうそんな事は出来ませんが、
いつかまたそんなツーリングの旅をしてみたいです。

第2回岐阜・長野・新潟パワーリハビリテーション学会のお知らせ 

パワーリハビリテーション研究会HPより転載させていただきます。
http://www.powerreha.jp/outCts.cgi?no=1601

第2回岐阜・長野・新潟パワーリハビリテーション学会のお知らせ
昨年度に引き続き、岐阜・長野・新潟支部が合同で学会を行います。皆さんで、現場で感じた新たな気づき・発見を語り合いましょう!!
今回は特別講演の講師としてデイサービスセンターかがやき(群馬県邑楽郡)施設長 後藤與四人先生をお招きします。先生の「こだわりのリハビリテーションサービス」についてお話しが聞ける絶好の機会です。
日時:平成21年11月15日(日)10時~15時30分(受付9時30分~)
第1部特別講演 第2部演題発表
会場:長岡三古老人福祉会研究・研修センター長岡
参加費:会員¥2,000 非会員¥3,000

という事で基調講演の依頼をお受けしたので宣伝です。



昨日TVで富山の夢の湖フランチャイズ施設が取り上げられていました。
妻に録画してもらい、帰宅して見たのですが、

「これが噂の富山の夢の湖フランチャイズか・・・・。」
富山のこの施設に関しては色々な噂を聞いて
かなり期待していて見学にも行ってみたいと思っていたのですが、
番組に出演していた施設長さんのコメントを聞いて、
見学熱が一気に冷めてしまいました。

取材を受けている利用者の様子は活き活きとされていて、
さすが夢の湖と思いつつ、
もれ伝え聞く富山の夢のみずうみフランチャイズの噂も、
本家をこの目で見ていて素晴らしさを理解しているつもりだっただけに
「なぜ?」そんな噂がでるのと疑問に思う事があったのですが、

番組で施設長さんがコメントされている様子を見て
わたしのそんな疑問は一気に解決してしまいました。
そして「人」なんだ、「トップ」なんだと
いくら素晴らしい理念を取り入れても、
その理念を理解し表現する事の難しさというのを
番組をみてヒシヒシと感じました。
しかし私の夢のみずうみ様の評価は依然としてかわりません。

そして、その夢のみずうみ代表の藤原先生が

11月17日に作業療法士としてはじめて
HNKのプロフェッショナルに出演されるそうです。

それも今から楽しみです。

秋祭り 

今年も秋祭りハロウィンパーティーが実施されました。

今年は昨年よりさらにパワーアップ!
飾りつけもハロウィン一色でした。
当日は天候にも恵まれ、
多くの方にご来場いただきました。

今年の私の仮装は水戸黄門です!!



生まれて初めてオシロイ?ドウラン?をつけました。

真っ白でチョット不気味ですが・・・。

利用者様には好評でした。

来年は開設5周年、
記念行事という位置づけにもなり、
メインイベントには知り合いの著名人を招こうかと検討してます。

赤っ恥・・。 

先日、仕事帰りに久しぶりに、
1人でバーミヤンに入りました。

普段一人でファミレスに行く事もあまりないのですが、
なぜかその日は、バーミヤンへを足が向きました。

すでに10時過ぎだったのですが、
お客もそこそこいて、
席に通されると、
ドリンクバーとチャーハンを注文しました。

そしてドリンクバーでコーヒーを注ぎ席に戻り、
一口飲んで口を潤し、
カバンから携帯電話取り出そうと探していた時に事件は起きました。


なんと財布に1円も入っていないことに気付いたのです・・・。

「しまった!!!」

既にコーヒーは口を付けてしまい、
キャンセルと言うわけには行きません・・。

そこで、慌ててレジに向かい、
「財布を忘れたので保険証を置いてゆくので、
財布を取りに行かせてください」と店員さんに申し出ると、
笑顔で
「お待ちしております」と・・・。
「オーダーはどうされます?」と言われたので、
私は「戻ったら食べますので、そのままにしてください」と残し、
意外とやさしい対応だったなぁ・・・。
こんな人も結構いるのかもと思いつつ、
(↑いないでしょう(笑))
近所のコンビニのカードキャッシングへ・・・。

そしてお金を引き出し、
再びバーミヤンへ、
かなり恥ずかしい気持ちを抑えながら、
チャーハンが運ばれてくるのをじっと待ちました・・・。

しかし・・・。
実はここからが赤っ恥モードで

N花さんにMさんに携帯でメールをしようと思って、
携帯でメールを打っていると・・・。

自分の行動を振り返ってあまりにおかしくなってしまい、
笑いがこらえきれず、
運ばれてきた
チャーハンを食べながらも笑いがこらえられず、
吹きだしながらチャーハンを食べ続け、
まさに拷問状態です。


周りのお客さんからは、
ちょっと変な人と言うような視線を受け、
それがおかしさに火をつけ、
さらにまた笑いが止まらず、

かなりの変人ブリ全開でした。


ようやくチャーハンを食べ終え、
コーヒーで少し気持ちを落ち着かせ、
クールに、
何事も無かったようにバーミヤンを立ち去りました。

いや~
かなりの大恥をかいていきましたが、
しかもドツボにはまりまくって抜け出せず、
表現が少し違うかもしれませんが、
恥の上塗りってこういうことかと思わず納得です。

そしてちょっと疲れ気味のようです・・・。

物凄いエネルギー!! 

ウチのデイの利用者様の自主トレの取り組み具合は半端ではない事を度々このブログでも取り上げてきましたが、ついにくるべき時が来たようです。
時期が熟してきています。

そう、
新たなステップに進むべときが・・・・。

その為には施設も新たな設備投資をしなければいけませんし、
それ以上にランニングコストもかかります。

しかしそんな事は問題はありません。
お金をかけるところにはかけなければいけないのです。
ここが経営者の腕の見せ所です!

ちょっと考えられないかもしれませんが、
そうしなければ、
利用者様のこのエネルギーは受け止められません。。。

そして、このプロセスの中から
認定ガイドに続く、
新たな施設公認の利用者サポーター制度の誕生が産声を上げそうです。

自主トレのシステムを利用者様と構築しなおし、
新たなシステムと新たな施設公認サポーターの創造です。。。

間違いなくウチのデイに再び新たな種が発芽しています。
そしてまた進化の時です!!

ちなみに最近はカクテルのオーダーも多く、
私のバーテン姿とパフォーマンス、
そして1日2杯限定と言う要素が絡み合い好評で、
午後の3時過ぎにはバーテン衣装でシェイカーをホールで振っています・・・。

最近登場回数が多いちょっと太目なバーテンなので、
サスペンダー姿はいいのですが、
イメージ上もっとスリムなバーテンで登場しないと盛り上がりませんからね・・・。
さらなる減量です・・・・・。
(これも立派な行動変容ですね・・・。)(笑)

身内の恥 

ここ数ヶ月連続して言葉遣いに関する話題が職員間で出ています。

先月も職員会議で気をつけようと話が出ましたが、
そんな話が出ていた矢先、
サービス業として、そして介護のプロとして、
今週あまりにもひどい言葉遣いを現場で耳にしたので、
今日の終礼ミーティングで職員に注意を促しました。

利用者様に対して言葉遣いすらプロとしての自覚がないのでは、
お話になりません。

そうしてそうした事の積み重ねが信頼を損ね、
クレームを生み出す環境になります。

サービス業の中では、自分にもプライドがあるから、
クレーム付けてきたお客に謝る事が出来ない。
と言うような発言を聞きく事もあります。

しかしそれは自分への甘えの言い訳です。
例え理不尽なクレームと感じても、
単にスキが自分にあっただけで、
自分に非がありる事が多いのです。
それを棚に上げている様では、
この業界も含めてサービス業界では生きては行けません。

私自身もこの業界に限らず、
そんな時のリカバリーの経験が何度もあります。
そしてリカバリーに要するエネルギーはとてつもないものです。
私も何度も経験しても慣れませんし、憂鬱になります。

そして確かにどうにもならないケースもあります・・・・。

現場での言葉遣いが問題になるようでは、
まだまだウチのデイもサービス業としての接遇はまだまだ3流です。

こうした話は「身内の恥」ですが、
そうした状況を真摯に受けとめ改善してゆかなければいけません。

しかし、最低限の丁寧な言葉遣いと思われる「です」「ます」調の使用
だけを見ても、こんな最低限と思われる事がなぜこんなにもこの業界では難しいのでしょうか?

PASW 

N花様のご利用者来所に関してコメントいくつか頂き
ちょっと驚きでしたが、それが素晴らしい事だと理解していただける
仲間いるというのは勇気が沸いてきます。

話は変わりますが
今日は、ついにSPSS改めPASWが届きました。
PASWとは統計解析のソフトです。

現在試作した「通所調査紙」の信頼性・妥当性を検証もできますが、
今までに貯まった膨大なデータをコレで解析してゆきます。
そしてもちろん施設経営にも強力な武器です。
特に経営部分では絶大な力を発揮する事を期待しています。

あとは数学が大の苦手な私のスキルが、
このソフトに追いつくかどうかと言う問題が大きいのですが・・・・。

そのために今はまだ難解な統計の教科書と格闘中です。
ずいぶん時間をかけていますがなかなか覚えられません・・・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。