スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国より 




韓国では今年から介護保険がスタートするようで、
そのなかでも、介護の中でリハビリをどうしてゆくかと言うことで、
パワーリハビリテーションに強い興味をお持ちのようです。

今回は20名ほど見学でしたが、流石に20名は多い!!

パワリハ見学に関しては、パワリハに関する情報がまだ少ない為か、
「あれっ?」と思うような質問も多く聞かれました。
特に他のトレーニングマシンとコンパスのトレーニングマシンの違いや、
優位性などに関する部分も情報として少ないようです。

この点がしっかり伝わっていないと、数年前の日本と同じ状況になりかねません。
「マシンを使うトレーニングは全てパワリハ」というイメージや、
「S社の独占で、S社の金儲け手法」などというイメージ、
など、韓国で歴史を繰り返してしまうことなりかねないです。

様々な拒絶反応や、ヒステリックな反応が多ければ、浸透は難しいです。
同じテツを踏まないようにしっかり伝えていかなければなりません。
(セラピストは科学的な立場に立って「なぜ」に注目し、
科学して行かなければ行かないのですが、なぜか、この手の話に関しては・・・。)

今日は、Dr意外にも、セラピストの方々もいらしたようですが、
日本でパワリハが理解されなかった時のような「臭い」の一部を感じました。

韓国内でもボバースコンセプトをはじめ、PNFなどのリハの手法が広がっているようです。
日本のようなアレルギー反応を起こさないよう、
パワリハのコンセプトと、道具としてのコンパスの優位性の説明は、
パワリハ正当に評価してもらうためには、必要がありそうです。

まだスタートしていない市場なので、もしかすると、日本では有り得なかったS社以外の、TUV/ZAT認証をマシンも現れる可能性はあります。
(日本では、CGTとパワリハの2勢力の存在と、パワリハに関してはS社以外が後発になるので、単にイニシャルコストに見合わない投資(認証取得)をしなかっただけでしたが・・・。)
日本ではアドバンテージのS社さんもウカウカはしていられないかもしれません。


パワリハが全てのリハ手法のなかでベストの手法とは考えていませんが、
ベターな手法の一つであるとは思います。

リハも第3次産業、サービス業ですからリハサービスをお店にたとえると・・・。
リハビリというショッピングモールの中から、
ボバース、PNF、マニュアル、CI、パワリハ、等々様々の商品のを扱う単数、複数扱う商店
の中から利用者様や患者様のニーズにあわせ、お店を選び、必要な商品を選択します。

特に現場の利用者様、患者様のお話を聞くと、このリハだからここの病院、
この手法だからこの施設とハッキリと選択肢の中から選ぶ方も意外といるようです。
既にお店側や店員が選択権を持つ時代では無くなってきているようです。
(もちろん最初から一つの商品で勝負するお店もあるでしょうが・・・。)

パワーリハが韓国内で普及するためには、
ジャ●ネッ●タカ●の社長さんのように、
魅力を引き出せるような人が必要かもしれませんね。

スポンサーサイト

悪戦苦闘中 

今度の日曜日、
隣町から「介護予防とパワリハ」の内容で講演依頼をうけ、
1時間ほどお話をしてきます。

久しぶりの講演依頼なので、少し気合いが入っております。

テーマが決まっているので、

ちょっとした実技をまじえた介護予防とパワリハの解説と2本立てで行こうかと考えています。

OTの私の知識が、少しでも在宅での介護予防に役立って貰えれば、あれこれ考えていると、

内容がふくらみすぎてしまい、何とか1時間で納めようと悪戦苦闘中です。。。

評価フィードバック 

今週は3ヶ月ごとに行っている評価(体力測定)の時のVTR鑑賞会です。
100人以上の利用者様がいるので編集作業だけでも大変なのですが、
しかし、毎回歩行のVTRを見てみていると、
本当に驚異的な回復をする方がいて、
いつも新鮮な驚きとうれしさと勇気を貰えます。
VTRやデーターを見ながら利用者様に色々とフィードバックをさせていただくのですが、
むしろ、いちばん良いフィードバックを受けているのは私自身の様です。。

勇気と言えば、NHK特集の「闘うリハビリ」の反響は多きようで、
あちこちで番組関する記事を目にします。
単に新しい考え方や、リハビリの手技手法を伝えるというよりも、
基本に忠実にそしてシンプルにリハの現場を捉えていたような気がします。
ウチのデイの利用者様も、その点はよく理解されているようで、
番組を見た、多くの利用者様のお話を聞く限り番組内で紹介された手技などに関心を持つのではなく、
番組の中で登場人物が、リハに励む姿や、取り組む姿勢、それに関わるスタッフ、
そう言った全体を一つとリハビリとして捉えている方が多いようでした。

ダビングした番組をみんなで見よう!
利用者様からそんな要望もあがっております。
再放送した番組をダビングしてあるので、
時間があれば、利用者のみなさんで鑑賞したいと思います。
NHK様、それぐらいはゆるしてくださいね。(笑


防火管理者 

防火管理者の講習が無事終了です。
昨日耳にした消防法の改正に関して、
消防署の方に質問してみたところ、
スプリンクラー等の消防設備の設置に関しては通所施設は設置義務はなさそうです。
ウチのデイはとりあえず大丈夫です。
しかし、よほど巨大な施設になると分かりませんが・・・。

基本的には入所施設の消防設備の基準が厳しくなるようです。

しかし私が今回受講した「甲種の防火管理者」は小規模のデイでも設置しなければいけなくなるようです。
いままでは、配置しなくてもよかったデイでも、職員も含めた収容人員が10名以上となれば、ほとんど施設は配置しなければいけなくなるでしょう!

しかし2日間の防火に関する講義で、防災の意識はかなり高まりました!

防火管理者講習 

現在、防火管理者講習会なるものを受講中です。
前任の防火管理責任者が退職になり、
私が受講し引き継ぐ事になりました。
明日もまる一日講義です。

しかし、その中で思いもかけない重要な情報が、
それは消防法の改正についてなのですが、
しばらく前に、小規模の老人ホーム(だったでしょうか?)の全焼火災という事件があり、
これを契機に、介護保険の施設の大幅な規制が入ります。
スプリンクラーの設置義務です。

私は初耳だったので、もう少し調べて見なければいけませんが、
利用人数と、施設の広さに関してかなり厳しい規制になりそうです。
しかも、新規の施設ではなく、既存の施設も対象になるそうです。
通所施設も対象なのか?入所施設だけが対象なのか?
今日の話ではよく分かりませんでした。
しかし、通所施設も対象ならば、この改正にあわせて相当な出費を覚悟しなければなりません。
兎に角すぐに、情報収集と情報の精査です。。


韓国と、、そして勝負 

今月末に韓国からお偉い様を含めて見学の方が20名弱お見えになります。
韓国もいよいよ今年の夏に介護保険がスタートします。
パワリハにも関心が高まっているようで、
介護保険スタートに伴いパワリハの様子を見学したいとの趣旨でした。

いよいよ4月から手工芸導入の準備がスタートです。
プログラムも大幅に変更し、秘密兵器を投入し新しいサービスもスタートです。
この秘密兵器と新システムに関しては、いままで何度も下調べをして、
導入に関しても迷いに迷っていたのですが、

この秘密兵器と新システムが上手く行けば、かなりのデイ活性起爆剤です。
しかしコストもかかりますが、先行投資です。
運用にもよりますが、この秘密兵器投入によりウチのデイはかなりの変化を遂げます。
上手く運用すれば、利用者様が休まなくなるかもしれません。

このシステムが上手く運用できれば、
その延長線上で、地元の地域活性化にも一役買えるかもしれません。
地域への働きかけはこれからですが、方向性は間違っていないと確信しています。
浸透に時間がかかりますが、生き残りをかけた秘密兵器と新しいシステムです。
開所以来時期を見計らっていましたが、今、機が熟しているきがします。

この秘密兵器とそれに伴うシステムが完成系に近づくと、
おそらくパワリハが一番の魅力だったウチのデイは・・・、
機能訓練重視の施設イメージ強いウチのデイは・・・、
そのイメージが激変してしまうかもしれません。

対象者が拡がりすぎるからです。
今は、それが「良い」のか分かりませんが・・・。
「賭け」のような気もします。

ウチのデイでは、パワリハは確実に「売れ筋商品」から「定番」でもなく「一商品」に成り下がるかもしれません。
が、OTとしては「良い」のではないかと感じています。
それに負ける賭けはしません!(笑)

最高の喜び!! 

SANY00091.jpg


今日は節分メニューです。
恒例の鬼ハンバーグ!
今年は更にバージョンUPしています!!
まずは利用者の皆様で鬼退治です!!!

SANY00201.jpg


更には鬼退治です!!
今年の年男年女4名更には、託児所の子供達に今年の厄を祓っていただきました。
鬼は・・・。

さらに今日はとても嬉しいニュースがありました。
昨年末までウチのデイでパワリハに取り組んで頂いてたAさんが、
復職できたのです!!!

Aさんは、都内の病院で手術の後、地元に戻り、近所の病院でPTからリハを受けていたのですが、どうも上手く行かないと言うことで、ウチのデイに通所されることになりました。

約1年くらい通所され、体の調子もよくなり、ついに復職が決まり、その報告にきょうデイにやって来られました。

ついにウチのデイサービスから社会復帰、そして復職する人が生まれました。
わたしもとても嬉しく、涙、涙です。

大きな病気や、障害を負った人の復職はきわめて困難な現状で、
おおきな勇気を与えてくれる出来事です!!

とにかく嬉しくて、嬉しくて、ここしばらく溜まっていたストレスが吹き飛んでしまいました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。