FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年07月 

私のいるべき場所? 

昨日今日と、
ベットレンタルについてある利用者様のお宅を行ったり来たりしたおりました。

事の発端は、ある利用者様が半年前にヘルニアが再発し、痛みが強く一週間に一度通院しブロック注射を打ち、個別機能訓練に関してもご本人が先生より「ほどほど」にといわれたようで、私達も積極的にには行えず、その間にもズルズルと廃用が進み、寝たきりに近い状態になっていたのですが、それでもご本人の希望と介護者の奥様が何とか頑張り、畳からの起きあがりの生活を続けておりました。

しかし流石に奥様が介護疲れから、体の調子が悪くなり、床から抱き起こしてトイレまで連れて行くのも大変で、何とかならないでしょうかという事と、更に一週間に一度のブロック注射を打ちにゆく病院まではとても遠いので、近場の病院に変えてたいのですがとご相談を受けました。

実は前後してケアマネさんからも、奥様からベットレンタルの話を受けたんだけどもとも、なかなか導入出来ないんですと、相談があったばかりでした。

病院を変える相談については私達はなんとも言えませんが、レンタルベットとポータブルトイレの導入は何とかご本人にも勧めてみましょうとお話ししました。


結局、通院が続けられないと言うことで病院を変えるという事になり、
私も新たな病院の通院時にご一緒させて頂き、診察にご一緒させて頂き、整形Drの先生よりお話しを伺いました。

しかし、X線の写真を見た私は「・・・・・。」
OTの私が見ても「これでは・・・。」と言う程の背骨の変形した状態でした。
整形の先生もX線写真を見ながら色々と説明して下さったのですが、
やはり良い状態ではありませんでした。

しかし、Drの先生とご本人と奥様と私とを交えてお話し出来たことは大収穫で、「ほっておいても寝たきり、どのみち寝たきりになっるのなら、リハビリをやってみましょう!」という方向になり、少し山が動いたような気がしました。

そしてそのままベットレンタルとポータブルトイレの話もすすみ、今日どちらも導入できました。
高さと配置もばっちりです!!

これで奥様の介助量も格段に減ることでしょう!
そしてご本人様も動きやすくなるでしょう!
もともとご本人様はリハビリの意欲が高い方で、ご本人様としては、ベットやポータブルトイレを入れると「楽」になるので、リハビリにならなくなるのでは、と心配されたいたようです。

しかし昨日、Drの先生とご本人様と奥様と、私とでX線を見ながらお話しを出来た事と、更に通院直後に先生の診察を含めて、私と、ご本人様、ご家族様とゆっくりとお話しする機会が持てたことで、ご本人様もリハビリと生活の場面を分けて考えることが出来たようです。

たしかにリハビリとして、なるべく助けを借りず出来ることが良いのかもしれません。そして生活の中にリハビリを取り込む事も大切です。
しかし、在宅の現場ではそうは生きません、リハビリと生活をあえて分けなければやって行けない事もあるのです。
この方の場合、奥様が体をこわしてしまえば、ご自宅で過ごすこと自体が出来なくなってしまからです。

そして忘れてはならない事が・・・。
今回は各種機関の連携も素晴らしく機能し、
ケアマネさんや福祉用具の業者さんともその後すぐさま連携がとれ、昨日の通院から今日の夕方までに鮮やかに福祉用具導入されました。
昨日今日と本当に見事なチームプレーだった様な気がします。

時々こんなスムーズな展開が進む事がありますが、こういう時って経験上、良い結果が得られるような気がします。

今回も何となく長いトンネルから抜け出たような、なんとも言えないような良い予感がします。
今はデスクワークや運営系の仕事が多きので、
久しぶりに「在宅のOT」をしているなーと実感できました。





スポンサーサイト