スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ1万アクセス! 

お陰様で、
もうすぐ1万アクセスを超えそうです。
ブログをはじめた頃は、こんなにアクセス数が伸びるとは思っていませんでした。
ちょっと特殊な業界の内容だと思っていたので・・・。
1万アクセスを踏まれた方は是非メッセージを残していって下さ。

スポンサーサイト

グランドゴルフ 

今日は蒸し暑い一日でした。
車に付いている温度計は33度を指しています。
そんななか、ウチのデイの庭の芝が根付いて来ているので、それそろグランドゴルフの準備をしようと、メーカーさんに道具を問い合わせると、なんと品切れの商品が多く、現在生産中との事、正直言ってグランドゴルフを少しバカにしていたようです。

結局そのメーカーさんがすぐに準備できる道具は少なく、インターネットなどで他のメーカーさんや業者さんに問い合わせてみても品切れの商品も多く、全体的に品薄なようです。
そんなに需要が無いのであまり生産されていないのか、または、かなり人気のスポーツで生産が追いつかないのか事情はよく分かりませんが。
全国に沢山のグランドゴルフ場や、大会が行われているのを見るとやはりカナリの人気があるスポーツなのでしょう。


追伸:どうも最近、誤字脱字が多いようです、申し訳ありません。

評価 

今週は評価WEEKと言うことで、4月より始まった介護の個別機能訓練、介護予防の運動器機能向上のそれぞれの評価を行っています。

身体機能が驚くほど向上した利用者様、あまり変化が見られなかった利用者様、また悪化した人など様々ですが、今のところ印象では全体的には4月よりも身体機能が向上された利用者様の方が多いようです。

評価の一つであるTUG(6m歩行)に関しては、ウチのデイではVTRに残して評価毎に利用者様に映像を見比べて頂き、歩行などの動作分析を踏まえて利用者様に解説して行くのですが、利用者様自身もこのVTRの解説付上映会を行うとモチベーションがとても高くなります。

数字から、難しい言葉や専門用語や理屈を並べて説明を行うよりも分かりやすいと好評です。
TUGだけを基準にしていても意味がダメだという批判もありますが、TUGかた得られる情報は莫大なもので、単に歩行速度が上がったという情報だけではありません。
もちろんTUGのVTRがすべてではないので、利用者様に分かりやすい情報提供サービスの一つの道具として考えています。

また付け加えると、このVTRからいかに多くの情報が得るて分析する事が出来るかが(PTやOTなどの)プロの腕の見せ所とも言えるでしょう。

しかし、この作業は毎回とても大変です。
VTRに納め、編集し、画像を分析するという作業は、えらく時間と手間がかかりますが、5~6年前なら素人ではこんな芸当は不可能だったでしょう。
ウチのデイではPCやデジカメ、HDDなどが本当にフル活動で役立っています。

というわけで、今週はまだまだ評価が続きます、利用者様へのVTR説明会は7月下旬頃になるでしょうか・・・。


つきたてのお米を食卓へ! 

今日はウチのデイのお昼に隠された秘密のご紹介です。

ウチのデイでは、とある地方から玄米を仕入れて来ます。
これを私が近所の自動精米所出かけ精米してきます。

↓近所の自動精米所です↓
seimai.jpg


1回に精米する量は30kg
30kgでも約10~14日分で消費してしまいます。
10kg100円なので300円かかります。
↓下の写真が精米する前の玄米です↓
kome1.jpg


玄米を一気に精米機に

↓これが精米機です。↓
seimaiki.jpg


精米機にかけて数分でつきたてのお米が出てきます。

↓こんな風に白米になって出てきます↓
hakumai.jpg


出てきたお米は良い香りがします。

一月に2回程、精米へ出かけるのが私の日課になっています。
こうして少しでも美味しいご飯が提供出来るように努力しています。

プロ意識 

今朝はどれくらいの人がブラジル戦を観戦したのでしょう?
私も早起きしてTVの前で応援しました。
結果は残念でしたが・・・。

しかし、これだけは言いたいと思います。
見ていた感じたのは、技術の差もありますが、やはりプロ意識の差でょうか?
はじめてジーコ監督が鹿島アントラーズにやってきて、一番に感じたのはプロ意識の欠如だったそうです。
鹿島の選手にプロ意識を植え付ける為にとても苦労したと以前ドキュメント番組で話していました。

ジーコ監督の采配は、逆転された後でも、勝ちにこだわり、リスクを背負う形になることを承知で中田(英)選手を前線に挙げ攻めの姿勢を貫いていたのに、監督の意図とは裏腹にチームは明らかに動きが悪くズルズルと失点を重ね、まとまりが無くなっていくように見えました。

逆転されたあとの日本は、私ら素人が楽しむ草サッカーならよくありそうな場面ですが、あれでは・・・。

確かに選手の皆さんも悔しいでしょうが、しかし、多くの日本人が朝早くからTVにかじりつき、そしてW杯で日本の活躍を観戦する為に大型テレビを買い(私もその一人ですが・・。)、そして多くのサポーターがドイツの地まで応援にかけているのに、例えグループリーグ敗退が決定したとしても敗戦色が色濃くなったとしても、最後まで意地を見せて諦めない姿勢が見せてほしかったです。

私は、グループリーグ敗退は仕方ないとしても、その意気込みが見ていて伝わって来なかった事がとても悔しいです。

試合後、中田(英)選手が座り込んで、ずっと立ち上がれなかった映像が唯一その意気込みが感じたた場面だったような気がします。

日本は敗れ去りましたが、W杯はまだまだ、これからが本番で、私は楽しみにしているカードがあります。
まだまだ大画面TVで楽しめます!

ジーコ監督がはじめて日本に来て感じた、プロ意識の欠如・・・。
プロ意識は、どんな職業でも基本ではないでしょうか?
日本代表に限らず、私達介護職の業界のプロ意識もまだまだ低い様な気がします・・・。
私自身も、この業界のプロ意識とは何かをしっかりと考え、意識を高めて行かなければなりません。
この先の日本代表・日本のサッカー界のようにまだまだ成長して行かなければなりません。

なにやら熱くなってきたので、この辺りで・・・。

職員募集の面接 

日曜日の新聞公告に求人募集を出しました。
反響はまぁまぁで、今日まで数人の面接を行いました。

ウチのデイでは、まだオープンして日が浅いので利用者様の増加にあわせて職員募集を行っています。
毎度の事ですが、PT・OTは依然として無反応ですが、介護職員の募集には毎回反応があります。

しかし、面接にこられた方のなかには思わず「?」と思ってしまう方も多いのが事実です。
田舎というのもあるのでしょうが、スーツやブラウスで面接に来られる方は本当に希です。
服装に関しては、まぁ、田舎という事もあるので、正装でなくても、多少身なりを綺麗にしてくればまだ良いのですが、どうみてもジャージやスエットにしか見えない服装でやってくる方もいます。
実際に面接を開始しても、丁寧語で挨拶や会話が出来ない方や、話言葉がとてもサービス業に向いていないのではと思われる方も多いです。

また、面接に来ているのに、履歴書をもって来ない方や、一方的に話しをはじめて、こちらの話を聞いて頂けない方、面接を連絡無しでドタキャンする方など、世の中には色々な方が存在するのだなぁとも思います。更にスゴイ方々もいらっしゃいますが、長くなるのでこの辺にしておきます。

私がオープニングスタッフの募集から今まで面接で行った方の1/3~1/2の方は、上記の様な方々でした。

私は、面接官として働いた経験がないので、本当はこういった方々の中に隠れている素晴らしい人材を見抜けないだけのかも知れませんが・・・。

毎回面接を行う度に、「人材」は、その組織の「宝」=「人財」だとつくづく感じます。

こんな調子で来週まで面接が続きます。

とあるセミナー 

今日の午後、半日かけてあるセミナーに出かけてきました。

内容は医療・介護分野の経営的な話でした。
簡単に要約すると、病院経営も施設経営も目先の変化に囚われず、国の方針をしっかりと見定めて、柔軟に対応していかなければと言う内容だったと思います。

講演を聞きながら、改めて思った事は、介護の分野は2020年代後半までに大幅に平均寿命が伸びれば別ですが、この業界もそこまでは伸びるかも知れませんが、そこまでが勝負でしょうし、その後はどう転換していくが鍵になるのでは?と言う事です。

ウチのデイの周辺地域でも、一気にデイが増えそうですが、より質の高いサービスに磨きがかかるので良い意味での競争になりますが、同時に生き残りかけての競争にもなります。
生き残る為には、「通ってみたいデイ」という利用者様に思われなければなりません、しかしその根本には更に「利用者様に本当に必要とされるデイ」という点が無ければ意味が無いような気がします。

なんだが書いていて考えがまとまりませんが、ますます考える事が増えそうです。


施設見学 

先週の木曜日に岐阜県のある施設に私とDC野の花さんのM様と供に、見学に行ってきました。

そこは、なんでもすごいパワリハを行っているとの噂だったので是非見ておきたいと思っていた施設なのですが、実際見学させて頂くとやはりすごい事になっていました。

どんな風にすごいかと言っても、なかなか表現が難しいのですが、ウチのデイが行っているパワリハが、細かな部分まで決まり事を決めて行う欧州サッカーとするなら、まさに個人能力、センス重視の「南米サッカー」の様なパワリハでした。

南米サッカーでは、個人のスキルが求められますが、まさにその施設ではスタッフ全員がリハ室の様子(流れや利用者様の様子等)を観察し把握しながら、スタッフ個人が頭で考えて自分の持つ能力を発揮させながらパワリハを行なっていました。
更には、南米サッカーでよく見られる。ゲームメーカーが中盤で試合を組み立て、コントロールし、状況を打開するがごとくパワリハリーダーがパワリハの進行状況をコントロールする、まさに南米サッカーなのです。

私にはパワリハリーダーさんがロナウジーニョ、日本で言えば中田に見えました。
もちろん容姿ではありません、その能力の例え話ですが・・・。
(こんな例えで申し訳ありませんが・・・。)

しかし、見学出来た事で間違いなくウチのデイには多きな刺激と経験になりました。

しかし一番の驚きは、そのパワリハリーダーさんが、デイ名前と私の名前を「名前はお聞きした事がありますよ」とおっしゃった一言でした。
正直言って、嬉しいかったのですが、地元でも認知度はイマイチだと思っていましたが、オープンしてわずか半年足らずなのに、こんな新参者デイと私の名前がはるか数百km離れたこの地にまで知られていたとは・・・。

ウカウカしていられません。

新たに仕切り直して、世界中どこに出しても恥ずかしくない施設にしなければと決意を新たにしました。

車での長旅でしたがかなりの色々なトークが満載でしたが、、野の花のM様本当にお疲れ様でした。

またS医療S支社のSさん、わざわざ夜行で見学当日朝に駆けつけて頂きありがとうございました。
さすがアフターケアのS医療さんです!

また見学させていただいた施設の職員の皆様本当にありがとうございました。



ついでに私が昔作ったMyHPです。
随分とほったらかしです・・・。作りっぱなしです。
車中にM様と話した旅の話がちょっと乗っています。
http://yoshitaro.fc2web.com/


ノーコメント・・・。 

昨日はサッカーW杯日本戦を観戦しました。
あまりのショックでノーコメントです。
色んな方がコメントしているので・・。

今日は先週末から作業している施設の補修工事で深夜近くまで残業です。4月からほとんど無休状態で、この気候のせいもあるのか、やや疲れもありますが、明日からは某県のパワリハ実施施設を見学に行ってきます。
車で高速道路片道6時間、往復12時間の旅です。
DC野の花さんのMさんにも、すごい施設ということで見学の同行をお願いし、明日の夜出発し、木曜の夜には帰ってくる強行日程となりました。

学生時代は友人達や後輩らと日帰り弾丸ツーリングで、片道400km~500kmなんて平気だったのですが、(最近お酒が入ると友人や後輩達はそうではなかった事を口にしますが・・・。)
流石に最近溜まっている疲労を考えると、仕事に支障をきたしそうなので、今回は少し時間にゆとり持って出かけることにしました。
あまりゆとりにはなっていないような気もしますが・・・。

とにかく安全に、色々と新たな知識や刺激を仕入れに行ってくるつもりです。

カタログ掲載 




(株)遠藤照明のカタログ「MEDI/Architectural Lighting Vol.2」に、ウチのデイが掲載されました。

同じ写真でもプロの撮影だとここまで素材の良さを引き出せるモノなのだなぁと感心してしまいました。

また解説を寄せて頂いた、栽花建築設計事務所の東森さんの解説もウチのデイのコンセプトをしっかり表現していただき、本当に感謝です。
ありがとうございました。

サッカーW杯開幕 

いよいよ今日はサッカーW杯開幕です。

コメントは・・・。

楽しみです。

PDAで業務改善を目指して・・・。 

PDAとデーターベースを使い、PDAから介護処遇記録を入力し記録に残すシステムについて業者に問い合わせてみました。

なんとか出来そうな印象でしたが、見積もりを出してみないといくらかかるか分からないようです。

以前、システムを開発する会社に勤務している友人に聞いてみたところ300万円位はかかるだろうと言っていました。
さすがに今の規模の施設ではそこまで投資できません。
無線LAN搭載PDA+バーコードリーダーだけの価格でも10万円前後はするので、ソフト開発にはそれほどお金はかけれません。

なるべく低コストで使いやすいソフトが出来ないモノかと本格的に業者の検討にはいりました。

民生委員ご一行様 

今日は午前中に地元の民生委員ご一行様が見学に来られました。

13、4名の方が見学されて行かれました。
30~40分ほど施設のコンセプトとパワーリハの説明をシアタールームにてパワーポイント使い説明を行い、その後は施設内の見学を行いました。

みなさまのイメージされていたデイサービスとは様子が大きく違ったようで、「私達でも利用してみたい」とおっしゃって下さる方が多くおられました。

地元のケアマネなどの事業者様への営業も大切ですが、もっと身近な存在の民生委員さんに存在を知って頂くこともとても大切はではないでかと思います。

今後もこういった機会が増えればと考えています。

制度の改革の影響・・。 

今年4月は医療と介護、どちらも大きな改訂がありました。
とくに病院のリハビリについては日数制限が設けられるなど、病気の後遺症を持つ方々にとってはツライ改訂ではないでしょうか。

病院でリハサービスを切ることにより、介護保険を申請し今後は介護保険の通所サービスを促す事で、医療保険の支出の改善を図るねらいがある様に見えます

もちろんデイなどの通所サービスは新たなビジネスチャンスとなるでしょうが、同時に質の問題も現れると思います。

現時点で適切なリハサービスを提供できるような通所施設などまだまだ数が少なく、またそこに勤務するPT・OT・STなども多くはありません。

そんなキツキツの状況の中、地域の施設では、当然一人のセラピストが抱える利用者様が増えれば個別の機能訓練の質は保てないでしょう。
現時点でもデイサービスなどでは、セラピスト一人で多くの利用者様を見なければなりません。
当然、ある一定の質を保つのは困難なのは目に見えています。

私がパワーリハビリテーションを重視している点はそこにもあります。
質の低下が予想されるセラピスト対利用者様の個別リハサービスよりも、優れた自動ROM訓練や多くのリハ要素、そして個別のリハとしても可能な形態であるパワーリハビリテーションを取りいれた方が遙かに質の高いサービスを提供出来ると考えているからです。

ウチのデイでも、病院でのリハビリの日数制限によるリハビリの終了者
のご利用者が現れてきました。
今後は、益々こういったカタチの重要は高まるでしょう。

大きなビジネスチャンスと供に質の確保という点でもPT・OT・STはもっと地域に目を向ける時代がやって来ていると思います。

哲学とプレスの特集。 

昨日のBSのNHK、W杯特集は見逃せませんでした。
内容はプレスやジーコのサッカー哲学などちょっとマニアックでしたが、その分内容が濃くて、私は楽しめました。

NHKのW杯特集が10時に終えそのまま、マルタ戦。
ちょっともの足りませんでしたが、NHKの特集で楽しさ倍増でした。

私のひいきのイングランドはオーウェンが怪我がたいしたことなさそうで、あとは是非ルーニーが見てみたいです。
もちろん長身FWのクローチからも目が離せません!
なんとなく、あの佇まいがなんとも言えません。
オーウェンが大丈夫そなのでやっぱりイングランドが本命です。
2番手はアルゼンチンで是非決勝で因縁の対決を見てみたいです。
それとダークホースの我らが日本。

私のサッカー好きがここに来て復活してきたようです。

リハビリテーションの手技はおまじない? 

リハビリテーションの中には様々の手技やテクニックが存在します。代表的なものにボバース、PNF、マニュアルセラピー、筋膜リリース、エガース、MTT・・・・・。
挙げればキリがありません。

私もいくつかのテクニックをかじりました。
そして、個別機能訓練の際には役立つときもあります。

ある脳血管障害後遺症の女性の利用者様が、麻痺側の口からよだれがダラダラ出る為、ご本人も気にされておりました。
あまり呂律も回らないため、話し言葉もハッキリ聞き取れず、しゃべる度によだれがダラダラと垂れてしまいます。
そんな状況から、ご本人様がヨダレが垂れて困ってしまうという話を受け、お口のリハビリを行いました。

そして最近、ヨダレの垂れ具合は改善され、話し言葉もハッキリしてきました。
今日たまたま、ご本人様と他の利用者様が会話をしているが聞こえてきたのですが、
ご本人様曰く「先生が口の周りを“まじない”をしてくれたんで大分良くなったんだよ」と・・・。

それを聞いておかしくなってしまいました。
私も学生の頃、ある手技療法をみて、魔法の様に見えた記憶があります。
やっぱり利用者様から見ても“おまじない”の様に見えるのねと・・。
不思議なものはやっぱり“不思議”ということなのでしょうかね

私はそんな不思議な手技療法やテクニックに魅了されると、生活の場から離れていくような気がして、あまり私は好きではないのですが、この不思議に見える手技療法やテクニックを学ぶ際には解剖学や運動学、生理学など色々な基礎知識を学習できます。

私にはその部分が大きいです。元来勉強嫌いの私はそうでもしないと基礎知識など勉強しないので、テクニック云々よりも勉強する機会が出来る事が非常役に立ちます。
私は、そんなテクニックを学ぶ場面が基礎知識固めの時間になっているようです。

まぁ、せめて“おまじない”の様に見えるテクニックに留めておきたいです、本当に“おまじない”だけをするセラピストでは、どうしようもありませんからね。

11月に・・・。 

某県で11月の19日にケアマネジャーや一般向けの講演会があります。
その講演会の講師に私もオファーがきました。
もちろん快諾しました。
内容は介護予防についてです。
私は、うちのデイの取り組みなどを講演する予定です。

講演会というと講師の話し方や内容によって退屈な場合もありますが、今回はなるべく沢山の方に聞いて頂きたいので、ちょっと隠し味?を加えながら講演を行おうと考えています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。