スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡本真夜さんミニコンサート 

先日地元のイオンで岡本真夜さんのミニコンサートがあり、
特にファンというわけでもありませんが、
子供にも良い機会だと思い参加する事に。

新曲発売のプロモーションで来られたようです。
CD即売会があったので、
ベストアルバムを購入。
CD購入者にはサイン入りクリアファイルと握手券が付いてきました。
なんだかAKBの握手会のような・・・・。
握手会は妻と子供で参加。

ミニコンサートは、
5曲ほど歌い、
もちろん大ヒットの「tomorrow」も歌ってくれました。
私は20年前の大ヒット曲を聴きながら感動でしたが、
子供たちは、
人がいっぱいで座れないため、だんだんグダグダに・・・。
それでも最後まで歌を聴いていました。

無料のストアライブの様なミニコンサートでしたが、
そでもスタッフさんが7~8人もおり、
忙しそうに動き回っています。
その様子を見ていて、
やはり、ヒット歌手は違うな~、
と妙に納得してしまいました。

スポンサーサイト

久しぶりのウナギ。。 

子供たちの運動会に
妻の両親も応援に来ていたこともあり、
夕食を奮発してウナギに!

そこで埼玉県行田市の「満る岡」さんへ。

「満る岡」さんは、1875年創業の老舗。
田山花袋の小説「田舎教師」にも登場するそうです。

はじめて行くお店なので、
一応予約をいれました。


お店に到着すると
すでにお客さんが待っています。
IMG_2025.jpg
予約を入れて正解でした。
席に着いてからも途切れることなくお客さんがやってきます。
なかなかの人気です。

お店も改装したとの事で和モダンな雰囲気です。
IMG_2021.jpg


私はうなぎの特
ウナギ屋さんのウナギ。
本当に久しぶりです。
IMG_2023.jpg
ウナギの大きさが一番大きそうです。
確かにウナギが大きい!!!
タレの味も程よく!く、
ウナギもふっくら。
これはおいしい!!
☆5つの大満足!!

長男はウナギは好きではないので、
牛フィレ丼
IMG_2024.jpg
長男からシェアしてもらい食べてみると、
ウナギ屋さんなのになぜか牛フィレ丼、
というよりローストビーフ丼という方がしっくりきます。
お肉が肉厚でしっかりと味が染みていて、
ごはんには七味がかかっつているのか、
辛くはありませんが、
ほんのり辛みの風味を感じます。
これもおいしいい!!


下の子供はお子様ランチ
IMG_2022.jpg
お重に入ったお子様ランチ。
なかなか洒落ています。

「集中して早く戻れ!」と心の叫び 

神奈川に出張し、
仕事を終え、
帰宅し、
久しぶりにTVでサッカー日本代表戦を観戦。

20年くらい前の日本ならこんなゲーム展開かなと思うが・・・。
今は状況がだいぶ違う。

日本と違い、
国内情勢が安定しないイラクに対してなんとも・・。
イラクの選手の試合委に対する気持ちと、
日本の選手の試合にいに対する気持ちの違いが
画面を通じてもはっきりと伝わってくる。

ロスタイムで2点目が入り、
みんなで輪になって喜び合っている様子など、
一見美しいシーンに見えるが、
私は全くの逆でがっかりした。
喜ぶのはいいが、緊張感を取り戻してほしかった。


ベンチもフィールドプレーヤも。スタッフも一体感を感じさせるものだったかもしれないが、
試合は終えていないし、
残り時間もあまだある。
浮かれている間に
スキを突かれて同点なんて場面だっていくらでもあるし、
点を取ってあとは失点しやすいので緊張感を持たなければいけない。
ゲーム終了のホイッスルが鳴ってから喜びを爆発させるべきだったろう。
私はあの場面を見ていて、
思わずTVに「集中して早く戻れよ」と突っ込んでしまった。
浮かれているスキに速攻カウンターで失点するのではと内心ヒヤヒヤしてしまった。


しかし、緊張感を保てるように声をかける選手もスタッフ陣もいない。
裏を返せばそれだけチーム状態が悪いのかもしれない。

世界のチームで活躍する日本人選手も増えてきたが、
こんな素人のようなメンタリティーの日本代表を応援しようと思わないし、
これから試合を見ようと思わなくなってしまう。
こんな状況が続けばファンも離れてしまうだろう。

これから少しづつでもフィジカルもメンタルもコンディショニングを行って、
感動と勇気を私たちにに与えてほしい。

最後まであきらめず、
勝つには勝ったがなんとも、
応援する気持ちを萎えさせてしまうような試合だった。







秋田へ 

週末に葬儀があり、秋田へ。

業務を早めに切り上げ。
車で新潟に向かい23:15新潟発のフェリーに乗ります。

子供たちはフェリーに乗るので大興奮、
結局フェリーの中では、
ほとんど寝ることも出来ず、
翌日5:50には秋田に到着。

港のターミナルビルで朝食を終え、
寝不足のまま、告別式が行われる男鹿の葬儀場へ向かいます

告別式を終えると直ぐにお墓に納骨となります。
なんだかんだと、すべて終えると夕方の5時を回っていました。

翌日朝8:45発のフェリーで帰らなければいけないので、
納骨のあとは、お墓のある男鹿から秋田へ戻り一泊。


葬儀は関東とは風習が異なるので、
秋田では、お通夜の前にお骨にしてしまいます。
また、農家が多いので、朝の6期時くらい弔問客が来るそうです。

久しぶりのフェリーでしたが、
往復のフェリー代は、車の運賃も入れて、更に個室の部屋で5万円ほど。
新幹線の片道分です。
フェリーは時間はかかりますが、子供たちも船内で遊ぶことも出来、
更に移動しながら宿泊もできるのでかなり楽です。

私は、学生時代にバイクでツーリングしながら、
フェリーにもよく乗船したので船旅は大好きです。

特に昼にフェリーの大浴場の中でお湯につかりながら、
眺める日本海と本州は最高の贅沢です!!

還暦パーティー出席 

阿部先生還暦祝

私の大学時代の恩師である。
阿部朝衛先生還暦祝いパーティに参加してきました。
阿部先生は、
現在、帝京大学の教授で学科長をされております。

私は、
OTになる前は、大学で考古学を専攻していました。
その時に大変お世話になった先生です。
発掘調査や様々な調査を通じて色々と指導していただき、
卒業論文も根気よくお付き合い頂き形にしていただきました。

パーティーは
参加者150人と聞いていましたが、
200人以上はいたのでないでしょうか。

先輩や同期、後輩たちの中には、
私も含めて、他の分野進んだ人も多くいますが、
発掘調査から世界遺産の関係まで、
色々な分野で活躍されている方も多く、
学生時代の懐かしい話から、
現在の様子まで
会話が弾み、
たくさんの刺激を受けてきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。