スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのダイエット記 

昨年一大決心でダイエットに励み、
マイナス17kgを達成したものの、
約2~3か月の間になんと11kgもリバウンドしてしまいました。

H27年3月のスタート時113.5kg
最も減っていたH27年10月96.kg(-17.5kg)
その後、H28年1月まで+-1~2kgで停滞し、
様子を見ようと思いながら、仕事が忙しくなります。
そして、H27年の5月末107.5kg(最大11kgリバウンド)
とジェットコースターの様な変動です。

驚いたのはリバウンドのすさまじさ。
特に間食をしたわけでもなく、
食生活がそれほど変化したとは思わなかったのですが、
運動習慣と生活リズムの様です。
この2~3か月間は運動は殆どしていませんでした。
生活リズムも乱れ睡眠も十分ではありませんでした。

そこで区切りがついた5月末から6月に入り、
心機一転、
再びダイエット開始、
H28年6月24日の時点で105.4kgと、
なんとかリバウンド分の2kgは減らしました。

とにかくまずは定期的な運動習慣をつけなければいけません。

スポンサーサイト

ダイエットの効果で血液検査の数値が・・・。 

今年の2月の健康診断で、
肝機能が再検査となっていました、

そのままほったらかししてしまい、
生命保険に入るので、
その健康診断の血液データを提出すると、
肝機能について医師の診断書をつけてくださいと。

そこで再建すると、
ダイエットの成果か、
肝機能の数値が半分に!!
脂肪肝が解消です。




しばらくぶりのダイエット 

9月に入り、ギアをチェンジして更に体重を減らします。

今年2月からダイエットを開始しマイナス17.5kgを維持していましたが、
お盆の期間で2.5kgリバウンドしてしまいました。
まぁ妻の実家と、熱海のホテルバイキングで「これでもかっ~」と気合を入れて随分食べてしまいましたから・・・。

それでもお盆を開けて、1.4kg減らして持ち直し、
9月に入り-16.1kgの体重97.4kgです。

7月、8月は程-17.5kgの体重をリバウンドしないように心掛け、
減量した事で気になり始めていいた体の皮膚余りも、気にならない状態になりました。
ここから2~3カ月かけてまずは-10kg(2月からの合算だと-27.5kg)
をめざし、さらに小休憩後、最後の-7.5kgをめざし、トータル-35kgを目指します。

体は、まだまだブヨブヨですが、
パワーリハビリ+筋トレの効果でしょうか、
なんとなく、体の各パーツのメリハリはついてきたような気がします。

デイの職員の中でもダイエットをはじめる職員が出始めています。
我慢を伴う後藤式ダイエット、果たして普及するのでしょうか・・・・?

ただ今減量中!ライザップに負けないぞNo3 

今行っているダイエットの
基本的な方法

②食べ物のカロリーやGI値等等をある程度把握する

この②についてはすべての食材の全部のカロリーなどを把握するのは大変なので、
御飯お茶碗1杯分やパン一枚など大まかに覚えておきます。
お店で売っている食べ物やレストランのメニューに最近はカロリー表示されているモノも多いので、
目を通してカロリー値を把握しておきます。

GI値についてはコチラを参考に 大塚製薬さんのGI値説明のページ

体重を1kg減らすのに約7,000Kcal位の消費が必要なので、
これを基準にカロリー計画を考えます。

現在、私の場合は1週間で7,000Kcal減となるように考えています。
1週間で1kgづつの減量です。
これは結構キツイ

現在の私の一日の基礎代謝のカロリー消費量が2,000Kcal程度で
これに運動を加えると1,000カロリー位消費されます。
なので不足分の1,000~2,000Kca位が消費されていきます

私の現在の食生活は、
平日は
朝、プロテイン180Kcal。
昼、寒天ラーメン60Kal×2。
夕方、御飯少な目の食事で大体600~800Kcal
なので摂取量としては、
1日1,000Kcal~1,200Kcalぐらいでしょうか。

でも、週末は普通に食べます。
と言っても2,000~3,000Kcalをなるべく超えないように気にしていますが、
外食したりするとあっという間に超えてしまいます。
すると次の次の週の月・火当たりは体重の一旦戻ります。
のでまた地道にカロリー制限をします。

本来は、
朝しっかり食べた方がより効率的なのでしょうが、
私の場合は夜食べた方が、満足感があってなんとか続けようという気持ちも保てます。
週末も頑張れば更に体重は減るのでしょうが、
家族との食事の時間は必要です。
ダイエット中はストレスがたまるので、
とにかく「続けられる」様にするという事が大切です。

週末食べ過ぎると、
月曜に体重計に乗るのが怖くなりますが、
逃げてはいけません。
ここは勇気をもって体重計に乗り、
体重を確認することが大切です。
ここで乗らないと、体重はどんどんリバウンドしてゆきます。

私も先週末はハンバーガーを3つも食べ、
更に、一気にポテトチップを2袋もバカ食いしてしまいました。

若いころはへっちゃらでしたが、
今では2袋でも一気に食べるとかなり気持わるくなります。

でも月曜の朝には、勇気を持って体重計に乗りました。
結果、数百グラムの増量でホッとしました。
また月曜からコツコツと減量です。

ただ今減量中!ライザップに負けないぞ! 2 

今行っているダイエット法は、
オリジナルですが、
どちらかと言えば
レコーディングダイエットやカロリー制限の要素もありますが、
最大の要因は習慣化と行動変容理論。

基本的な方法は以下の5点。
①毎日朝と夜に体重計に乗る習慣をつける。
②食べ物のカロリーやGI値等をある程度把握する
③朝、昼、低カロリー食。夜は少し食べる。
④運動(体重が多い場合はある程度減量後に開始)
⑤とにかく我慢と勇気。(我慢できん無い時は食べるが体重計の乗る事は忘れない)
以上です。


①だけでは体重は減りませんが、意外と増えなくなります。

まずは①の説明。

①毎日朝と夜に体重計に乗る習慣をつける。

これは意外と簡単そうで難しい。
とにかく「習慣化」できるように自らの行動変容を促すのが大変。
私もダイエットを初めて、まだ2~3か月ですが、
時々乗る事を忘れてしまいます。

ココで一番いけないのは、
数日乗り忘れて、体重がどれだけ戻ってしまった怖くて体重計に乗れないという事態です。
数日でも体重の増減はありますが、
ここで勇気を持って体重計に乗るという事です。


ダイエットを始める前の1か月間の「準備期間」に、
とりあえず1か月、朝と晩に体重計に乗り続けました。

毎日体重を見ていると、少しはマズイなと思います。

私の場合は、この準備期間の間は暴飲暴食とまでいかなくても好きなモノを好きなだけ食べていました。
それでも不思議な事に「最大113.5kg」以上は増えませんでした。
体重計に乗り体重を把握する事で、
自分では好きな様に食べているつもりでも、
無意識にセーブしているのかも知れません。
但し前提として体重が増加する事に対して心の中のどこかで「いけないな~」と思っていないとダメかもしれmせんが・・・。

「準備期間」の間に行った事は他にもありますが、
またの機会にご紹介します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。